レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法!

最終更新日 : ウォレット   1,765 Views

この記事では、レジャーナノS(LedgerNanoS)を壊したり紛失してしまった場合の解決策を書いています。

レジャーナノS(LedgerNanoS)を壊したり紛失したら?

レジャーナノS(LedgerNanoS)はネットから切り離して仮想通貨を管理できるハードウェアウォレットです。
取引所に預けたままではハッキングや倒産によって失ってしまう可能性がありますので、レジャーナノS(LedgerNanoS)などで分散して管理する必要があります。

しかしレジャーナノS(LedgerNanoS)を壊したり紛失したらどうなるのでしょうか?
「レジャーナノS(LedgerNanoS)を無くしたら管理していた仮想通貨も無くなる…」と、思っている人もいるでしょう。

実はレジャーナノS(LedgerNanoS)は、壊れていても紛失してもリカバリーフレーズさえあれば復元が可能なのです。

さる吉
ってことは…もしレジャーナノS(LedgerNanoS)を盗まれたとしてもリカバリーフレーズさえあれば大丈夫ってこと?
先生
そうです。新しいレジャーナノS(LedgerNanoS)でリカバリーフレーズを入力すれば復元可能ですよ。

レジャーナノS(LedgerNanoS)をウォームウェアアップデートしたときにも復元が必要

「レジャーナノS(LedgerNanoS)をアップデートしたら仮想通貨が消えてしまった!」
と言う人をSNSでときどき見かけます。

レジャーナノS(LedgerNanoS)のウォームウェアをアップデートするとデータが初期化されてしまいます。

しかしレジャーナノS(LedgerNanoS)が初期化されただけで、仮想通貨が消えてしまったわけではありません。

リカバリーフレーズを使って復元すれば、以前と同じように管理できます。

どうしても初期化されると焦ってしまいますが、リカバリーフレーズがあれば大丈夫ですので安心してください。

ただしリカバリーフレーズがなければ復元はできません。

さる吉
紛失したとき以外にもリカバリーフレーズは必要なのかウキ…

購入後すぐにリカバリーフレーズの入力を経験しておけば戸惑うことはないはずです。
仮想通貨を送金する前に、復元方法について確認しておきましょう。

レジャーナノS(LedgerNanoS)を復元する流れ

レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズを使って復元するまでの流れを説明します。
レジャーナノS(LedgerNanoS)は英語表示ですが、流れを理解するために日本語でまとめます。

  1. 「新しいデバイスとして設定しますか?」で×
  2. 「復元しますか?」で✓
  3. PINコードを設定
  4. PINコードを再入力
  5. リカバリーフレーズ数を選択
  6. リカバリーフレーズを入力

この作業が終わればリカバリーが完了です。

もしレジャーナノS(LedgerNanoS)を2つ持っているのであれば、リカバリーフレーズを入力することで同期させて使用もできます。

レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法

先生
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元するために、今回はわざとPINコードを間違えます。一緒に流れを確認しましょう。

PINコードを3回間違えると「Your device has been reset{3 wrong PIN}.」と表示され、強制的にリセットされます。
(PINコードを3回間違えたのでリセットします)

「To restore your device configuration,」「use your confidential recovery sheet.」
(デバイス設定を復元するには、リカバリーシートを使ってください。)

「To get assistance, contact Ledger support.」
(援助を受けるにはレジャーサポートに連絡してください。)

「Website help.ledgerwallet.com」
「Email Help@ledgerwallet.com」
と表示された後、初期の画面が表示されます。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法1

[1]「× Configure as new device? ?」で×を選択します。
初期画面が表示されたら「× Configure as new device?」まで進めます。
「新しいデバイスとして設定しますか?」との質問ですので×を選択しましょう。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法2

[2]「Restore configuration?」で✓を選択します。
「復元しますか?」との質問ですので✓を選択します。
×を選択すると、「× Configure as new device? ?」の画面に戻ります。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法3

[3]「1. Choose your PIN code」でPINコードを設定します。
PINコードを設定します。前回設定したコードでも、別のコードでもOKです。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法4

[4]左右のボタンで値を変更してPINコードを入力します。
左のボタンで減少、右のボタンで増加します。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法5

[5]「2. Confirm your PIN code」で、先ほど設定したPINコードを入力します。
PINコードの再確認です。先ほど設定したPINコードを入力しましょう。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法6

[6]「3.Enter recovery phrase」でリカバリーフレーズを入力します。
手元にリカバリーフレーズのメモを用意しましょう。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法7

[7]「Select the number of words to restore」と表示されるので、リカバリーフレーズの単語数を選択します。
「リカバリーフレーズの単語数を選んでください。」との意味です。
12、18、24から選択しましょう。購入時期によってリカバリーフレーズ数は違います。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法8

[8]「Enter first letters of word #1」と表示されるので、1つ目のリカバリーフレーズを入力します。
リカバリーフレーズを1つずつ入力します。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法9

[9]リカバリーフレーズを2~3文字入力します。
2~3文字入力すると候補が表示されます。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法10

[10]候補から正しいものを選びます。
表示された候補の中から正しいものを選択します。
1つでも間違えると、最後まで入力が終わってから「違う」と表示されてやり直しになります。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法11

[11]「Your device is now ready」と表示されたら復元完了です。
レジャーナノS(LedgerNanoS)をリカバリーフレーズで復元する方法12

リカバリーフレーズは一度しか表示されない

レジャーナノS(LedgerNanoS)を紛失したとしても、リカバリーフレーズさえあれば復元できます。

しかし逆に言えば、リカバリーフレーズが無ければ復元は不可能と言うことです。

しかもリカバリーフレーズは初期設定時の1回しか表示されません。
ですので時間をかけてでも正しくメモする必要があります。

もしリカバリーフレーズをメモしていない、メモしたけどなくしてしまったと言う人は、初期化して再度リカバリーフレーズをメモすることをオススメします。

さる吉
え?そんなことしたら管理してる仮想通貨消えちゃうじゃん…
先生
一旦取引所などに送金してから初期化すれば良いですよ。手数料がかかるものの、復元できないリスクを考えれば安いものです。

仮想通貨ごとに反映されるまでにかかる時間が違いますので、全ての仮想通貨を確実に送金できたことを確認してから初期化しましょう。

予備のレジャーナノS(LedgerNanoS)を用意しておこう

レジャーナノS(LedgerNanoS)はリカバリーフレーズがあれば復元できるものの、レジャーナノS(LedgerNanoS)がなければ復元したくてもできません。
復元するデバイスが必要なのです。

レジャーナノS(LedgerNanoS)のリカバリーフレーズは互換性があるのでトレザー(TREZOR)でも復元できますが、対応していない仮想通貨は引き出せません。

例えばレジャーナノS(LedgerNanoS)でリップルを管理していて、壊れたのでトレザー(TREZOR)で復元したとします。
トレザー(TREZOR)はリップルに対応していないのでリップルを動かすことができません。

レジャーナノS(LedgerNanoS)の販売元が倒産する可能性は0ではありませんし、壊れてしまったときに完売で入荷待ちでは困ります。
ですのでレジャーナノS(LedgerNanoS)で仮想通貨を管理している人は、予備を1個だけでも用意しておきたいですね。

について書かれた記事

ウォレットに関する最新記事