AirDrop(エアドロップ)とは?詐欺に合わないためには?

投稿日:
ニュース   1,672 Views
さる吉
AirDrop(エアドロップ)の詐欺が流行ってるって聞いたけどどうなの先生?そもそもAirDrop(エアドロップ)って何ウキ?
先生
ではAirDrop(エアドロップ)についての説明から始めますね。

AirDrop(エアドロップ)とは?

新しくできたばかりの仮想通貨は保有している人が少ないため、なかなか市場に出回りません。
ですので無料で仮想通貨を配布し、市場の流動性を高めてしまおうと言う方法がAirDrop(エアドロップ)です。

無料で配布されることが「空からお金が降ってくる」ことに似ているのが名前の由来みたいですね。

さる吉
無料で配るなんて損じゃないのウキ?
先生
最初はほぼ価値がないので実質ノーリスクですよ。

無料で配布することで市場の流動性や認知度が高まり、結果的に仮想通貨の価値が高まります。

配布を受ける条件は様々です。
配布の対象となる仮想通貨をウォレットに保有している、受け取りを申請をするなどですね。

草コインを購入するのは価値が上がるか不安ですが、無料で手に入るのであればメリットしかありません。
ですので積極的にAirDrop(エアドロップ)を利用する人が多いです。

AirDrop(エアドロップ)詐欺に注意!

最近AirDrop(エアドロップ)の詐欺が目立つようになってきました。
所有している仮想通貨を奪われた人が沢山…。

さる吉
貰う側のはずなのに何で奪われるウキ?

AirDrop(エアドロップ)の基本的な流れは下記の通りです。

  1. 受け取るためのウォレットをインストール
  2. ウォレットに対象となる仮想通貨を送金
  3. 受け取りの申請
  4. AirDropの受け取り

受け取り条件を満たしているか確認してもらう必要がありますので、受け取り申請を行います。
そのとき秘密鍵(プライベートキー)を要求されて教えてしまえば、相手はウォレット内の資産を自由に送金できてしまいます。

先生
通帳と暗証番号を渡しているようなものですね。
さる吉
英語で書かれていたらウッカリ教えてしまいそうウキ…

AirDrop(エアドロップ)は無料で仮想通貨を得られるチャンスですが、それを狙って詐欺を行う人もいます。
詐欺に合わないように気をつけましょう。

詐欺に合わないためには?

詐欺に合わない一番手っ取り早い方法は「AirDrop(エアドロップ)に参加しない」ことですが、自らチャンスを見送るなんてもったいないですよね。

ですので詐欺を見分けるためのポイントを押さえておきましょう。

URLやアカウントをしっかり確認する

URLやアカウントの確認はとても重要です。
仮想通貨の公式アカウントに見せかけるように作られており、1ヶ月以上前から用意してフォロワーを増やすなどの用意をしていることもあります。

URLの末尾が公式であれば「.com」のはずが「.co」になっていることも…。

調べれば違うとわかりますが、パッと見ただけでは区別がつきません。

必ず公式のものであるか確認しましょう。

秘密鍵は必要ない

AirDrop(エアドロップ)に秘密鍵は必要ありません。
秘密鍵を求められるのは100%詐欺です。

仮想通貨の通帳は誰でも残高を確認できる仕組みになっています。
ですので確認作業に秘密鍵は必要ないのです。

ウォレットはセキュリティソフトでスキャンする

受け取りのためのウォレットにウイルスが仕込まれている可能性があります。
「公式のウォレットであれば大丈夫」と安心している人は要注意です。

本当に公式が提供しているウォレットかわかりませんし、ウイルスを仕込んでアップロード程度の作業です。
何百万も手に入るならやる人はいるしょう。

必ずセキュリティソフトでスキャンしましょう。

先生
AirDrop(エアドロップ)は詐欺にさえ気をつければ資産を増やすチャンスです。

ニュースに関する最新記事