コインチェックからZaifへネム(NEM,XEM)を送金する方法

最終更新日 : 取引所   3,508 Views
先生
コインチェックでネム(NEM,XEM)を売ろうとしている人はいませんか?
さる吉
ハイッ!
先生
コインチェックでネム(NEM,XEM)を売ってはいけません、損しますよ!

コインチェックでネムを売却すると、コインチェックにスプレッド費用(差益)を払うことになります。

Zaifに売れば、取引手数料だけで済むので、コインチェックに比べて【10%ほどの費用】で売却できます。

先生
ですのでコインチェックからZaifへと送金してから、Zaifで売るほうがお得です。

ネム(NEM,XEM)を送金する際に絶対確認すべき事項

しかしネム(NEM,XEM)を送金する際は、【ミス】が内容に注意する必要があります。
ミスをしてしまうと、自分のネムがこの世から消えてしまうこともありえます。閉じ

ちなみに私は
ネムではありませんが、【ビットコインキャッシュを紛失】した経験があります・・・。
詳しくはコチラへ。

ネムを送金する際に絶対確認すべき事項は下記の通りです。

  1. 送金元と送金先(入金先)は合っているか
  2. メッセージは合っているか
  3. 送金先アドレスの通貨は合っているか
  4. 送金先アドレスが合っているか

まず[1.]の送金元と送金先ですが今回は
送金元⇛コインチェック
送金先(入金先)⇛Zaif
となります。

頭がこんがらがってくると、送金元と送金先を逆にしてしまうことがあるので、注意しましょう。

次に[2.]のメッセージです。
ネムは他の通貨と違い、送金する際に【メッセージ】を添付する必要があります。

先生
メッセージに間違いがあると、戻ってこない可能性があります。

メッセージは【送金先】(今回で言うとZaif)で、見ることが出来ます。

次に[3.]のアドレスの通貨です。
仮想通貨のウォレットは、仮想通貨の種類によってアドレスが変わります。

先生
間違ってビットコインのアドレスにネムを送ってしまうと、取り返せない可能性があります。

今回の場合は、必ずZaifのネムのアドレスに送金する必要があります。

最後に[4.]のアドレスです。
アドレスは必ず【コピペ】しましょう。
ランダムな文字列ですので手打ちすると間違える可能性大です。

ウォレットのアドレスは毎回コピペしましょう。
取引所によっては、アドレスが変わることがあるようです。

これら1.~4.の事項を何度も確認して、間違えないように送金しましょう。

コインチェックからZaifへネム(NEM,XEM)を送金する手順

それではコインチェックからZaifへネム(NEM,XEM)を送金する手順を、順番を追って紹介します。

まずはZaifの管理画面に飛んで、送金時に必要になる【メッセージ】を取得します。

[1]Zaifの管理画面から【アカウント】⇛【XEM】⇛【入金】の順に押します。

ここでは【NEM】ではなく、通貨名の【XEM】と表示されています。
NEMのアイコンを押せばOKです。

必ず【入金】を押して下さい。
【出金】ではありませんよ!

[2]【メッセージ】をコピーします。

先生
手入力はいけませんよ。必ず最初から最後までの文字をコピーして下さい。

次にコインチェックの管理画面に飛んで、アドレスを貼り付けます。
まだ、Zaifの管理画面は閉じないで下さい。

[3]コインチェックの管理画面から【ウォレット】を押します。

[4]【コインを送る】を押します。

[5]【NEMを送る】を押します。

【最初はビットコインを送る】になっているので、必ず【NEMを送る】を押して下さい。

[6]【メッセージ】を貼り付ける

先ほどコピーしたメッセージを貼り付けましょう。

[7]【送金先リストを編集】を押します

一旦、Zaifの管理画面に戻り、アドレスをコピーします。
コインチェックの画面は閉じないで下さい。

[8]ZaifのXEM入金画面にある【上のメッセージをコピーしたあと・・・】と書かれた緑のボタンを押します

ボタンを押さないとアドレスは表示されません。
表示されたアドレスを【コピー】しましょう。

先生
メッセージとアドレスを間違えないようにしているのですね。

続いてコインチェクの管理画面に戻ります。
(念のためにZaifの画面は閉じないようにしましょう)

[9]【ラベル】と【宛先】を入力します。

【ラベル】はわかりやすいようにするための名札ですので、好きに決めて問題ありません。
送金先の取引所名(今回で言うとZaif)にすると、わかりやすいですね。

【宛先】には、先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。
絶対に【メッセージ】を貼り付けてはいけません。

ラベルと宛先を記入したら【保存】を押しましょう。

[10]【金額】を決めます

ここで入力する金額の単位は、【円】ではなく【XEM】です。
円を記入してしまうと、大変な金額を送金してしまうので、注意が必要です。

下のフォームにある【送金可能額】を下回る必要があります。

[11]全て入力したら【送金する】を押します。

パソコン版Googlechromeの場合、最後の確認が表示されるので、合っていればOKを押します。

[12]2段階認証の設定をしている場合、確認コードを入力します

先生
2段階認証を設定していなければ表示されませんが、2段階認証の設定をしたほうが良いですよ。

[13]【送金しました】と表示されれば、送金完了

これでコインチェックからZaifへ、ネム(NEM,XEM)を送金することが出来ました。

ネム(NEM,XEM)の送金にかかる時間

ネムの送金が完了しても、Zaifに届くまでには時間がかかります。
ブロックの生成時間と関係があり、順番待ちがあればさらに時間がかかります。

私の場合は【30分程】で、Zaifのアカウントにネムが入金されました。

メッセージとアドレスを間違っていなければ、必ず送金されます。

しかし3時間経ってもまだネムが届かない場合は、アドレスやメッセージにミスが無かったかを確認しましょう。
(3時間はネムの場合です。ビットコインなどは1日かかるときもあります…)

もし間違いが合った場合は、至急コインチェックとZaifのサポートに問い合わせましょう。

ネム(NEM,XEM)の送金でメッセージを付け忘れた場合

コインチェックからZaifへネム(NEM,XEM)を送金するとき、うっかりメッセージの入力を忘れてしまうこともあるかもしれません。

もしメッセージを付け忘れたと気付いた場合はどうすれば良いのでしょうか?

コインチェックは、外部ウォレットからコインチェックに送金した場合のみ対応できるそうです。
ですのでコインチェックからZaifに送金した場合は救済ができないので、送金先に問い合わせてくださいとのことでした。

Zaifの公式サイトには、メッセージを付け忘れて入金した場合の対処方法が記載されてきます。
ZaifのFAQ

本人確認と入金確認を行って調査してくれるそうです。
問い合わせページから下記の情報をメールで送信しましょう。

  1. Zaif に登録した名前
  2. Zaif に登録した住所
  3. Zaif に登録している携帯電話番号(登録している人)
  4. 送金日時
  5. 送金額
  6. 送金手数料
  7. トランザクションID(Hash)
  8. メッセージの有無(有る場合は設定したメッセージ文字列)
  9. 送金元から送金履歴キャプチャ画像(スクリーンショット)

もしメッセージを付けていて入金が反映されない場合も同様です。

について書かれた記事

取引所に関する最新記事