Zaifの法人口座(法人アカウント)を開設する方法

投稿日:
取引所   431 Views
先生
Zaifの法人口座(法人アカウント)は簡単に作成できます。一緒に流れを確認しましょう。
口座開設方法を見ないでも分かる方はこちらからどうぞ
Zaif口座開設ページはコチラ

Zaifは法人口座(法人アカウント)が開設できる

Zaifでは法人口座(法人アカウント)の開設ができます。
法人向けのサービスは提供されていないものの、仮想通貨を会社で運用する場合は法人口座を持っておきたいですよね。

法人口座(法人アカウント)の開設は個人アカウントのときとほぼ同じ流れですが、少しだけ入力する情報や提出書類が増えます。

簡単に開設できますので、仮想通貨を会社で運用したいと考えている人は流れだけでも確認しておきましょう。

Zaifの法人口座(法人アカウント)を開設するために必要な物

Zaifの法人口座(法人アカウント)を開設するために必要な物は下記の通りです。

    メールアドレス
    本人確認書類(免許証等)
    登記簿抄本(発行から3ヶ月以内)

発行から3ヶ月以内は、他の取引所と比べると短いですね。
ビットフライヤーは6ヶ月以内と倍の期間があります。
「法人アカウントが欲しい」と思ったときには3ヶ月経過している可能性もありますので、最初に登記簿抄本の発行日を確認しましょう。

また代表者と担当者が違う場合は委任状が必要になります。

  • 委任状

委任状はZaifのヘルプにPDFが用意されているので印刷して記入しましょう。
Zaifのヘルプ

本人確認書類・登記簿抄本・委任状はアップロードする必要がありますので、あらかじめ撮影してデータを用意しておきましょう。
ファイル形式はjpgとpng形式のみです。

さる吉
あらかじめ用意しておけばサクサク登録が進められるウキ

早ければ10分ほどで終わります。

Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順

[0]Zaifの口座開設ページを開きます
Zaif口座開設ページはコチラ
(別窓で開くので、設営を見ながら登録出来ます。)

[1]メールアドレスを入力し【無料登録へ】をクリックします
Zaifの法人口座は、個人アカウントを作るときと大体流れは同じです。
まずはメールアドレスを入力しましょう。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順1

[2]メールボックスを確認します
先ほど入力したメールアドレス宛てにメールが送信されます。
メールボックスを確認しましょう。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順2

[3]メールに記載されたURLをクリックします
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順3

[4]チェックを入れてからパスワードを設定しましょう
利用規約と重要事項説明をクリックしなければチェックを入れられないので注意してください。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順4

[5]【法人】にチェックを入れて、会社情報や代表者情報を入力します。
ここで個人と法人に分かれます。
間違えないように注意してください。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順5

[6]法人名や住所を入力します
ここで入力する情報は、後で提出する登記簿抄本と一致している必要があります。
手元に登記簿抄本を用意して入力しましょう。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順6

[7]法人の代表者、担当者の情報を入力します
法人の代表者の名前、生年月日、住所を入力します。
都道府県市町村の欄に番地を入力して、番地欄を空欄にしてしまうとエラーが表示されるので注意してください。
担当者は、法人口座を使って運用する人のことです。
代表者と同じであればチェックを入れておくだけでOKです。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順7

[8]実質的支配者の情報を入力します
決定権を持っている人のことですね。入力欄の上にもチェックを入れる箇所があります。
説明文に混ざっていて気付きにくいので注意してください。
代表者と同じであれば、【代表者の情報をコピーする】をクリックするだけでOKです。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順8

[9]【更新】をクリックします
全ての入力が終わったら更新をクリックして進みます。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順9

[10]【本人確認手続きを開始】をクリックします
Zaifで取引を行うには、本人確認書類の提出が必要です。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順10

[11]提出する本人確認書類を選択します
提出する本人確認書類を選び、下にスクロールします。
もし代表者と担当者が違うのであれば、右下の【法人者用の書類2】で委任状を選択しましょう。
今回は運転免許証、委任状無しのパターンで紹介します。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順11

[12]【ファイルを選択】でファイルを選んでから【ファイルをアップロード】をクリックします
【ファイルを選択】をクリックしてファイルを選ぶと、画面に選択したファイルが表示されます。
ここでアップロードが完了したと勘違いしやすいですが、【ファイルをアップロード】をクリックするまでは選択しただけの状態で、アップロードは完了していません。
またアップロードできる形式はjpgとpngのみです。
他の形式ではアップロードできませんので気をつけましょう。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順12

[13]登記簿抄本をアップロードします
免許証のときと同様に選択してアップロードします。
複数アップロードできますが、その都度【ファイルをアップロード】をクリックする必要があります。
【ファイルをアップロード】をクリックしないで【ファイルを選択】を行うと、選択ファイルが入れ替わるだけで意味がありません。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順13

[14]法人口座の開設が完了します
これで本人確認書類の提出が完了です。
Zaifが内容をチェックして、問題がなければメールが送られてきます。
後日ハガキが届きますので、ハガキに記載された確認コードを入力すると取引が可能になります。
Zaif法人口座(法人アカウント)を開設する手順14

新規登録者の増加で本人確認に時間がかかっているようです。
取引可能になるまで日数うがかかることを考えると、使うかどうかわからないとしても開設だけは終わらせておいた方が良いでしょう。

Zaifの口座開設ページはコチラ

取引所に関する最新記事