poloniex(ポロニエックス)の口座開設方法まとめ

最終更新日 : 取引所   1,917 Views

国内の取引所であれば、何のトラブルもなくスムーズに口座が開設出来ます。

しかしpoloniexはアメリカの取引所。
全文が英語となっています。

スムーズに登録できれば良いのですが、間違ったりエラーが出ると大変

何を隠そう私もエラーが出てしまい、登録まで非常に時間がかかりました。

先生
poloniexに登録する際は、事前に必要なものを全て集めておいて下記の【手順通り】にやることが重要です。

読まずにさっさと登録すると、エラーが出て登録に手間取ってしまう可能性があります。

ちなみに私が出くわしたエラーと対処法は、このページの最後にまとめています。
エラーを先に読む方はこちら

poloniexとは?メリットやデメリットなどは、下記の記事に掲載しています

poloniex(ポロニエックス)で口座開設する流れ

poloniexで口座開設する大まかな流れは下記の通りです。

  1. アカウントの作成(1分)
  2. 本人確認(10分)
  3. 本人確認完了(数時間~数日)

実はpoloniexでは、アカウントさえ作成すれば入金ができるので、取引ができます。

しかし本人確認が終わっていないアカウント(レベル1)では、出金ができません。
ですので、結局は本人確認が必要となります。

ちなみに本人確認は、数時間~数日と書いていますが、私の場合2時間ほどで審査通過しました。

先生
本人確認が終了すると、1日$25,000まで出金可能となります。

poloniex(ポロニエックス)の口座開設で必要な物

poloniexで口座開設をする際に必要になるものは下記のとおりです

  1. カメラ付きパソコン(またはスマートフォン)
  2. パスポート

poloniexで本人確認をするには、パスポートが必要です。
免許証や健康保険証では、本人確認できません。

poloniex(ポロニエックス)の口座開設方法

poloniexはパソコンでもスマートフォンでも、どちらでも口座開設が出来ます。

入力の手間を考えるとパソコンがオススメですが、カメラが付いていなければ、スマートフォンで開設する必要があります。

パソコンで開設する方法

画像つきで手順を説明しております。

[0]poloniexの公式サイトにアクセスします。
http://poloniex.com/

[1]Create Your Accountを押す

[2]情報を入力してRegisterをクリック

上から順に

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワードをもう一度

を入力します。

ここで言うパスワードとは、【今決めるパスワード】です。
(他の取引所と同じパスワードにすると不正ログインのリスクがあります)

最後に忘れずに「I agree to the Terms of Use(利用規約に同意)」にチェックを入れましょう。

[3]この画面が表示されたら、メールをチェックしましょう

この画面からは次に進めません。
次に進むには、記載したメールアドレスに届いている、URLをクリックする必要があります。

[4]メールに記載されているURLをクリックする

メールの件名は「Confirmation」です。

もしメールが届いていない場合、
先程記載したアドレスに間違いがあるか
もしくはメールの受信制限をしている可能性があります。

どちらにも該当しない場合、他のメールアドレスでアカウントを作成しましょう。

[5]さきほど入力したメールアドレスとパスワードを入力します

メールに記載されているURLをクリックできるのは一度のみです。

一度クリックしてからまたこのページを開きたい場合は、
poloniexのトップページから「Sign in」を押すと開きます。

[6]個人情報を入力する

上から順に

  1. 名前
  2. 名字
  3. 番地
  4. 都道府県から市町村
  5. 郵便番号
  6. 電話番号

となります。

表記はアメリカ表記となるので、全て英語となります。
英語表記がわからない方は、下記のサイトで調べることができます。

住所→Address変換

「I agree to the Terms Use(利用規約に同意)」にチェックを忘れないようにしましょう。

[7]Start ID verificationをクリックする

このページ自体に特に意味はありません。
(個人情報保護のためのページのようです。)

緑のボタンをクリックして次に進みましょう。

[8]Japanを選択しパスポートを選択する

2017年12月現在、日本人はパスポートを選ぶしか無いようです。
(免許証や健康保険証では、本人確認できません)

[9]パスポートと顔を撮影する
パソコンとブラウザがカメラに対応していれば、カメラの許可が求められます。
(既に許可している人は表示されません。)

Webcam1と言う場所をクリックすると、カメラを変更できます
(2つ以上カメラがある場合のみ)

以上でアカウント登録から本人確認が終了です。

本人確認は数時間~数日で終了します。
アカウントのプロフィールを見て、VERIFIEDとなっていれば、本人確認終了です。

本人確認が終了すると、出金が出来るアカウントへとレベルアップします。

スマートフォンで開設する方法

カメラ付きのパソコンを持っていない方は、スマートフォンで口座開設しましょう。
スマートフォンでもパソコンと流れは同じになります。
(画像はクリックすると別窓で大きく表示されますので、見えない場合はクリックして下さい。)

[0]poloniexの公式サイトにアクセスします。
http://poloniex.com/

[1]「Create an account」をクリックする

上にあるSign Inは、既にアカウントを作った人用のフォームです。
今からアカウントを作る人は、赤枠の文字をクリックしましょう。

[2]黄色のボタンをクリックする

この画面は
「スマートフォン用のページではアカウント作れないので、パソコン用の表示に切り替えるね」
と書いています。

黄色のボタンを押すと、スマートフォンでは少し見づらいページが開きます。

[3]情報を入力して「Register」をクリック

上から順に

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワードをもう一度

を入力します。

非常に小さくて見落としがちですが
「I agree to the Terms of Use(利用規約に同意する)」
にチェックを入れましょう。

–ここから先はパソコン版と同じです–
>>クリックしてパソコン版の作り方を見て下さい。<<

プロフィールのステータスが下記のように
【VERIFIED】となっていれば、本人確認が完了しています。
本人確認終了(スマホ)

poloniex(ポロニエックス)の登録で起きたトラブル・エラー

私がpoloniexに登録する際に起きたトラブル・エラーをまとめます。
実に色々なエラーが出て疲れました…。

アカウント作成後にメールが届かない

まずアカウント作成時に使ったメールアドレスに、折り返しのメールが届きません。
迷惑メールBOXを見ても届いていません。

折り返しのメールにログインURLが書かれているので
メールが届かないとログインが出来ません。

10分ほど待っても届かないので、Gメールアドレスで作り直したところ、すぐにメールが届きました。

パソコンにカメラが無い

poloniexでアカウントを作る際に必要になる本人確認書類は
【その場で撮影をする必要】があります。

これは【すでに撮影しているファイル】をアップロードは出来ないと言うことです。
ですので、パソコンにカメラが付いていないとエラーが出ます。

ちなみに下記の画面が表示されます。

この画面が表示された場合、そのパソコンで本人確認書類をアップデートできません。
カメラが有るパソコンかスマホから、ログインしましょう。

スマホのカメラが起動しなくなった

それではスマホを使えば、スムーズに撮影ができるのかというと、そうではありませんでした。

私はAndroidのGoogleChromeを使っているのですが、
一度目はカメラが起動されたのですが、ミスをしたので訂正しようとすると…
カメラが立ち上がらなくなりました。

先程の画像と同じ画像が表示されました。
スマホなのでカメラはついているのですが…。

何度やってもカメラが立ち上がらなくなったので、新しいブラウザをインストールしました。

それが「Firefox」です。
GoogleplayでFirefoxと検索すれば、インストールできます。

Firefoxであれば、何度間違えてもカメラが立ち上がりました。

免許証しか無い(パスポートが手元にない)

poloniexで口座開設する方法をネットで検索すると、【免許証】か【パスポート】で本人確認できるとあります。

しかし登録手順を進めていくと、【パスポート】しか選べません。

ですのでパスポートを選んで、免許証を撮影したのですが…
案の定通りませんでした。

どうやら、昔は免許証でも作れたようです。
今は日本人はパスポートでしか作れないようですね。

本人確認が非承認になった

せっかく本人確認書類のアップロードまで出来ても、承認されない場合(非承認)があります。

非承認となった場合、マイプロフィールに下記のように表示されます。

UNVERIFIEDとは「未確認」と言う意味です。

UNVERIFIEDになったばかりのタイミングで再申請をしても
赤文字で「We were unable to…(時間を空けて下さい)」と表示されます。

1時間ほど時間を空ければ、再度申請することが出来ました。

本人確認が承認されない理由として

  1. 入力した住所とパスポートの住所が違う
  2. 個人情報(特に住所)が英語表記になっていない
  3. 免許証をアップロードしている

が上げられます。

住所を英語表記へ変更するには、下記のサイトが便利です。
住所→Address変換

について書かれた記事

取引所に関する最新記事