コインチェックのWEB・アプリに繋がらない場合どうしたらいい?

最終更新日 : 取引所   717 Views
さる吉
コインチェックに繋がらないんだけど、これって取引できないの?
先生
残念ながら、繋がらないときは取引も出来ません。
先生
ただしアプリが繋がらない時はWEBサイトで、WEBサイトが繋がらない時はアプリで、繋がる場合があるので、試してみましょう。

502エラーが表示される

コインチェックが繋がらないパターンで一番多いのが【502エラー】です。

先生
502エラーとは、コインチェックのサーバー側でトラブルが起きていることを表します。

502エラーが起きている場合に、見ている側で出来る対策はありません。
「更新ボタン」を連打することで、逆に復旧が遅れる可能性があります。

502エラーが出て一度更新をしてもまだ、502エラーが表示される場合
時間を置いてアクセスしましょう。

コインチェックの502エラーは、短時間で復旧することが多いようです。
5分後に再びアクセスしてみましょう。

エラー画面が表示される

502エラーではなく、コインチェックのエラー画面が表示されることもあります。

このエラー画面が表示された時でも、502エラーと同じくこちらで出来ることはありません。

緊急メンテナンスの場合短時間で終わることが多いでしょう。

緊急メンテナンスでない場合は、メールにてメンテナンスのお知らせが届いているはずです。
スケジュールを確認して、メンテナンス終了後にアクセスしましょう。

アプリでネットに接続できない

コインチェックのアプリもエラーが起こることがあります。
今まで普通に接続できていたのに、急に接続できなくなると言うエラーです。

「接続に失敗しました。もう一度お試しください。」
「設定の変更ができませんでした。端末がインターネットに繋がっていることを確認して下さい。」
と表示されます。

当たり前ですが、端末がインターネットに接続されていないと、コインチェックのアプリは使えません。

端末は普通にインターネットに繋がっているのに、この表示が出る場合は、
コインチェック側のエラーの可能性があります。

コインチェックのWEBサイトに接続して、サイトが表示されるか確認しましょう。
サイトが表示されない場合は、アプリにも接続できないと言う状況です。

アプリが繋がらない場合も同じく、連打すると逆効果です。
5分程時間を置いてから、再びアプリを起動しましょう。

まとめ

コインチェックに繋がらない時、コチラ側で出来る対応策は、ほぼありません。
更新を連打することは迷惑ですので、辞めましょう。

コインチェックのサイトを見たいだけでしたら、Google検索のキャッシュで見ることは出来ます。
しかし取引や出金などは出来ないので、役に立たないでしょう。

コインチェックのエラー中に、出したい注文が出せなくても、損害賠償を請求することは出来ないようです。

コインチェックがつながらない場合は、zaifを使いましょう。
コインチェックより取引手数料が安く、アルトコインもありますよ☆

Zaifで口座を開設する手順はコチラ

について書かれた記事

  • コインチェックにあるリップル(XRP)をGMOコインへと送金する手順を記載しています。間違えやすい点や送金確認方法も記載しました。

  • コインチェックでリップルやイーサリアムなどのアルトコインを購入すると、相場より高く買うことになります。取引手数料は無料なのですが、スプレッドが加算されるためです。ここではコインチェックの取引手数料の説明と、「Zaifとどちらが安く買えてお得か?」を比較記事を書いています。

  • Zaifからコインチェックへネム(NEM,XEM)を送金する方法を記載しています。ネムの送金にはアドレスの他にメッセージが必要となります。アドレスもメッセージも間違えてしまうと、送金されないばかりか、返ってこない恐れもあるので、慎重に送金をしましょう。

  • コインチェックには、仮想通貨を貸し出すサービス【貸仮想通貨サービス】があります。しかしこの貸仮想通貨サービスにはメリットがあればデメリットもあります。さらに、貸し出せる条件があるようです。このページでは貸仮想通貨サービスについて記述しています。

  • 仮想通貨投資初心者の人が開設すべき、仮想通貨取引所をランキング形式で紹介しています。当然、紹介するだけでなく、なぜ初心者の人にオススメなのかも書いています。今から仮想通貨投資を始めたい!と言うかたはぜひ参考にして下さい!

取引所に関する最新記事