BITTREX(ビットレックス)の口座開設方法まとめ

最終更新日 : 取引所   317 Views
先生
今回はアメリカの仮想通貨取引所【BITTREX(ビットレックス)】の口座開設の手順を記載します

BITTREX(ビットレックス)で本人確認書類はいるの?

気になっている人が多いと思うので、最初に書いておきます。

以前までBITTREXでは、本人確認をしなくても、取引・出金が出来ましたが、今は出来ません。

取引は出来るのですが、出金ができないので、どれだけ稼いでも持ち出せないようになりました。

例え1ドルでも、出金するには本人確認の書類を提出する必要があります。
(BITTREXはパスポートのみの対応となっています)

BITTREX(ビットレックス)で口座開設をする流れ

BITTREXでは下記の手順で口座を開設します。

  1. 口座開設(2分)
  2. 個人情報入力(5分)
  3. 本人確認書類提出(数時間~数日)

入金と取引は、口座を開設するだけで出来ます。
ですので入金自体は2分で出来、反映され次第取引も直ぐにできます。

個人情報を入力・本人確認書類を提出する意味は【出金のため】です。
これらを完了しない限り、1ドルも出金出来ません。

「取引して利益を出せたのに引き出せない」
ということになりかねないので、口座開設をしたら、そのまま本人確認書類まで提出しましょう。

本人確認の審査に通過してから、取引をしたほうが無難です。

BITTREX(ビットレックス)で必要になる本人確認書類

ビットレックスで本人確認の審査を通過するには、書類を提出する必要があります。

そして対応している書類は

  • パスポート

のみです。

以前は運転免許証でも審査に通過したようですが、今は通過しないようです。

健康保険証などにも対応していないので、パスポートを用意しましょう。

先生
私も何度か試しましたが、ことごとく拒否されました

BITTREX(ビットレックス)で口座を開設する手順

[0]BITTREXの公式サイトにアクセスします
BITTREX公式サイトへ

[1]右上にあるログインボタンを押します

トップ画面にアカウント作成ボタンはありません。
ログインボタンを押さないと表示されないのです。

[2]下に表示されている【Sign Up】を押す

上に表示されているメールフォームは、アカウントを持っている人がログインするフォームです。
持っていない人は【Sign Up】から作ることが出来ます。

[3]メールアドレスを入力しパスワードを決めます

メールを受信する必要があるため、適当なアドレスは不可となります。

ここで入力するパスワードは【今決めるパスワード】です。
今後このパスワードでログインすることになります。

他の仮想通貨取引所と同じパスワードは避けましょう。

[4]メールが送信されます

メールアドレスとパスを入力すると、上記の画面になりますが、ここで一旦終了です。

続きは、先程書いたメールアドレスに届いているメールをチェックします。

[7]メールに記載されているURLをクリック

メールに記載されているURLをクリックします。
ちなみに「Bittrex Account Verification」と言う件名で届きます。

もしメールが届いていない場合、迷惑メールBOXに届いている可能性があります。

迷惑メールBOXにも届いていない場合、先程書いたメールアドレスに間違いがあった可能性があります。
もう一度同じメールアドレスで登録してみて下さい。
(間違っていた場合は作れますが、間違っていない場合は作れません。)

メールアドレスを間違っていない場合は、メールの受信制限がかかっている場合があります。
受信制限を解除するか、違うメールアドレスを使いましょう。

[8]【Login】を押す

[9]メールアドレスとパスワードを入力する

メールを受け取ったアドレスと、先ほど決めてパスワードを入力し、【LOGIN】を押します。

[10]IPがチェックされます

BITTREXではセキュリティ上、【初めてのIP】では普通にログインができません。

初めてのIPでログインしようとすると、メールが送信されます。
届いたメールからしかログイン出来ないのです。

先生
不正なログインを防いでくれているわけです。

[12]メールを確認します

メールに記載されている
「CLICK HERE TO LOGIN」をクリックします。

[13]再度メールアドレスとパスワードを入力します

先生
初めてのIPでログインするときは、ログインが難解ですが、不正ログイン防止の為ですので仕方ありません。

ログインが出来たら、口座の開設が終了します。
続いて、出金できるようにするために、個人情報の入力と本人確認を行います。

[14]右上にある【Setting】を押します

[15]緑のボタン「Upgrade to Basic」を押します

[16]個人情報を入力します
※すいません、画像を撮影し忘れました。

内容を間違って登録してしまうと、自分で修正できないようです。
英語で問い合わせることになるので、間違いがないか再確認しましょう。

表記はアメリカ表記となるので、全て英語となります。
英語表記がわからない方は、下記のサイトで調べることができます。

住所→Address変換

一番下のフォームの【PASSPORT NUMBER (OPTIONAL)】は、パスポート番号となります。
ただしこちらは任意ですので、入力しなくても問題ありません。

【PASSPORT NUMBER (OPTIONAL)】以外を入力したら、次へ進みましょう

[17]緑のボタン「Upgrade to Enhanced」を押します

「アカウントを強化する」という意味になります。
今から本人確認書類のパスポートを提出します。

[18]緑のボタン「Start Enhanced Verification」を押します

幾つか注意事項が書かれています。
こちらを和訳すると、下記の意味となります。

  • 新しい写真を使ってください。顔を遮るものが無いか確認して下さい。
  • 画像を使いまわさないでください
  • プロが撮影した写真は使わないで下さい。
  • 撮影した画像は編集しないで下さい。
  • 撮影した画像はトリミング(切り取り)しないで下さい。

これらの条件を満たした画像を用意しましょう。

[19]緑のボタン「Start ID verification」を押します

[20]Japanを選択肢パスポートを押す

[21]パスポートの画像をアップロードします

まずはパスポートの画像をアップロードします。
この画面で撮影は出来ませんので、撮影して保存していた画像をアップロードします。

端が切れていたり、文字がぶれて見えないと審査に通過出来ません。
全て写ってぶれていない画像を用意しましょう。

[22]自分の顔の画像をアップロードします

次は自分の顔の画像をアップロードします。
こちらも顔が切れていたり、ぶれていると審査に通過出来ません。

[23]審査が終わるのを待ちます

数時間~数日で審査は完了します。

について書かれた記事

取引所に関する最新記事