ビットフライヤーの法人口座(法人アカウント)を開設する方法

ビットフライヤーの法人口座(法人アカウント)を開設する方法

最終更新日 : 取引所   484 Views
先生
このページではビットフライヤーの法人口座(法人アカウント)を開設する手順を紹介します。
口座開設方法を見ないでも分かる方はこちらからどうぞ
ビットフライヤー口座開設ページはコチラ

ビットフライヤーでは法人口座(法人アカウント)を作成できる

ビットフライヤーは【bitFlyer ホワイトラベル】【bitWire SHOP】【Echo】といった法人向けのサービスを提供しています。

例えば【bitWire SHOP】を利用すれば、自社サイトにビットコン決済を導入できます。

法人アカウントは無料で作成できますが、取引ができるようになるまでには時間がかかるので早めに登録した方が良いでしょう。

登録できる法人の種類は下記の通りです。

  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合同会社
  • 合資会社
  • 社団法人

ビットフライヤーの法人口座(法人アカウント)を開設するために必要な物

ビットフライヤーの法人口座(法人アカウント)を開設するために必要な物は下記の通りです。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(免許証等)
  • 登記事項証明書等(発行から6ヶ月以内の登記事項証明書・登記簿抄本の原本)

基本的には個人アカウント作成のときと同じですね。
登記事項証明書等は法人情報の確認のためにアップロードします。

登録情報と一致している必要がありますので、手元に用意して確認しながら登録を進めましょう。

また法人であれば、利用するのが代表取締役とは限りません。
その場合は、実際に取引を行う人の本人確認書類と委任状が必要になります。

  • 取引を行う人の本人確認書類(免許証等)
  • 委任状

委任状はフォーマットが決まっており、ビットフライヤーからPDFを印刷して記入します。
委任状

アップロードする必要がありますので、あらかじめ撮影してデータを取り込んでおきましょう。

もし代表取締役が取引を行うのであれば、これらは必要ありません。

ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順

先生
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順を説明します

[0]口座開設ページへ飛ぶ
ビットフライヤー口座開設ページを開く
(別窓で開くので、手順を見ながら登録出来ます。)

[1]ビットフライヤーにアクセスし、【法人のお客様】をクリックします
法人としてアカウントを作成します。
登録はメールアドレスで行います。
メールアドレスの入力が終わったら【無料でアカウント作成】をクリックし、メールボックスを確認しましょう。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順1

[2]URLをクリック、もしくはキーワードをコピーします。
URLをクリックする場合はキーワードの入力が不要です。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順2

[3]先ほどコピーしたキーワードを入力し【アカウント作成】をクリックします
【アカウント作成】をクリックすると、アカウントの作成が完了します。
まだ取引はできませんので、引き続き登録を進めます。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順3

[4]チェックを入れて【bitFlyerをはじめる】をクリックします
全てにチェックを入れるとクリックできるようになります。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順4

[5]法人情報登録を行います
アカウント情報の中から、【法人情報登録】をクリックします。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順5

[6]法人名や代表者などの会社情報を入力します
後に提出する登記事項証明書等と一致している必要がありますので、原本を確認しながら入力を進めるのが良いでしょう。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順6

[7]【登録情報を確認する】をクリックします
入力が終わったら一番下の【登録情報を確認する】をクリックします。
【取引の目的について】にチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順7

[8]【続けて登録する】をクリックします
引き続き法人情報を登録していきます。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順8

[9]取引責任者情報を入力します
今登録しているアカウントを使用する人の情報を登録します。
使用するのが会社の代表者ではない場合は、委任状の作成とアップロードが必要です。
委任状はビットフライヤーがPDFで用意しているので、印刷して記入しましょう。
委任状
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順9

[10]【登録情報を確認する】をクリックします
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順10

[11]実質的支配者情報の登録をします
決定権を持っている人の登録ですね。
ここで「よくわからないから」と戻るを押すと、ホーム画面から実質的支配者情報を選択できないため、登録が完了しません。
登記事項証明書等を提出しても再提出になります。
実質的支配者情報を登録するようにメールが送られてきて、記載されたURLから登録を進めます。
メールが来ない場合は登記事項証明書等を提出して、再提出になれば送られてくるはずです。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順11

[12]チェックを入れて【登録情報を確認する】をクリックします
【外国の重要な公人、もしくはその親族が実質的支配者である法人ではありません】にチェックを入れて進みます。
「総理大臣(家族含む)」などに限られるので、殆どの場合は関係ありません。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順12

[13]登記事項証明書等をアップロードします
発行から6ヶ月以内の登記事項証明書・登記簿抄本の原本をアップロードします。
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設する手順13

これでアカウント作成と法人情報の登録が完了です。
個人アカウント作成のときと同様で、郵送物が届いたら取引可能になります。

ログインパスワードの変更

登録時にはパスワードを入力しないため、次回ログイン時にパスワードがわからなくて困る人がいるようです。
ですのでアカウントを作成したら、すぐにパスワードを変更しておきましょう。

さる吉
たしかにここまでパスワードを入力してないから忘れてたウキ

[1]ホーム画面から【設定】をクリックします
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設してパスワードを変更する手順1

[2]【パスワード変更】をクリックします
ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設してパスワードを変更する手順2

[3]現在のパスワードと新しいパスワードを入力します
現在のパスワードは初回パスワードのままです。
初回は登録時に届いたメール(キーワードが記載されている)に記載されています。

ビットフライヤーで法人口座(法人アカウント)を開設してパスワードを変更する手順3

先生
初回パスワードは見落としがちですので注意しましょう

ビットフライヤーの口座開設ページはこちら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所に関する最新記事