bitbank(ビットバンク)とは?メリットやデメリット、評判まとめ

最終更新日 : 取引所   356 Views
さる吉
bitbank(ビットバンク)って取引所があるらしいけど登録した方が良いの?
先生
bitbank(ビットバンク)は入金手数料が無料で、安く仮想通貨取引をしたい人にオススメですよ。他にもメリットがありますので一緒に確認していきましょう。

bitbank(ビットバンク)とは?

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨を安くやり取りできる取引所です。
大手の取引所に比べれば知名度は低いものの、安い手数料や使いやすさから中級者以上には定評のある取引所です。

bitbank(ビットバンク)のチャートは線を書き込んだり角度を調べたりと、FXで使用するような高性能な分析が可能です。
ですので取引はしていないがチャート機能は使用していると言う人も少なくありません。

ビットコイン、リップル、イーサリアム、モナコインといった有名な銘柄が揃っているのも嬉しいですね。
bitbank(ビットバンク)への入金に手数用はかからず、仮想通貨を安く購入できることから、海外取引所への送金用に使用する人もいます。

仮想通貨交換業者としての登録も終わっていることから、安心安全な取引ができます。

ビットバンクの登録方法(口座開設方法)は、下記の記事に記載しています。

bitbank(ビットバンク)を使うメリット

安く購入できる

bitbank(ビットバンク)は取引所形式で、売買手数料は無料です。
ですので販売所よりも安く仮想通貨を手に入れることができます。

販売所で購入するとどうしても割高になりますし、少しでも安く多く手に入れたいのであればbitbank(ビットバンク)がオススメです。

また円の入金手数料も無料です。
通常であれば「銀行への振込手数料」と「取引所への振込手数料」を支払う必要があります。

しかしbitbank(ビットバンク)では、銀行への手数料のみ!
手数料は数回入金しただけでも結構な額になりますし、入金に手数料がかからないのは大きなメリットですね。

チャートが高性能

bitbank(ビットバンク)では、100を超えるテクニカル分析を使えるTradingViewが採用されています。
高性能なチャートが使えるため、分析ツールとして非常に優秀です。

線を引いたり角度を調べるなど、細かな分析ができます。
分析のためだけにbitbank(ビットバンク)を使用している人も少なからずいるでしょう。

スマホに完全対応している

bitbank(ビットバンク)はスマホに完全対応しており、最適化された見やすい画面が表示されます。
読み込みにかかる時間も短く、利便性は高いと言えるでしょう。

スマホは常に持って歩くものですし、欲しいと思ったときにすぐ取引できるのは嬉しいですね。

金融庁登録済み

bitbank(ビットバンク)は【仮想通貨交換業者】として金融庁に登録済みです。
2017年4月に施行された改正資金決済法によって、日本国内の仮想通貨交換業者は登録が義務付けられています。

利用者保護やマネー・ローンダリング対策など、「仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制を整えているか?」が審査されます。

金融庁への登録申請段階にあれば、登録が完了してなくても取引所を運営できますが、国の基準を満たしていると認められているのは安心ですね。

bitbank(ビットバンク)を使うデメリット

専用アプリが無い

bitbank(ビットバンク)には専用アプリがありません。
ですのでブラウザでアクセスして利用します。

スマホに完全対応しているとは言え、専用アプリが無いと開くのが少し面倒ですね。
読み込みは早いのでアクセスしてしまえば気になりませんが、ブラウザを開いてアクセスする行程が専用アプリよりも時間がかかります。

大手よりも取引量が少ない

bitbank(ビットバンク)は大手の取引所よりも取引量が少ないです。
取引所での取引量が少ないと、取引相手が見つからなくてすぐに取引できないと言うデメリットがあります。

手数料の安さやチャートの見やすさから、中級者以上になると使用し始める人が増えるようです。
ですので徐々に取引量も増えていくでしょう。

bitbank(ビットバンク)のサービス一覧

ビットコインとアルトコインの取引

bitbank(ビットバンク)では円とビットコインで、仮想通貨を売買することができます。
ペアは下記の通りです。

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

日本の取引所の大半は円でしか売買できません。
ですのでBTCで取引できるのは珍しいですね。

さる吉
BCCって何?
先生
BCCはビットコインキャッシュのことです。ビットコインキャッシュはBCHと表記されることが多いですが、以前はBCCと表記されていたため、今でもBCCの表記を使っているところがあるんですよ。

bitbank(ビットバンク)で取引できる仮想通貨の種類

bitbank(ビットバンク)で取引できる仮想通貨は下記の通りです。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ライトコイン(LTC)
  3. リップル(XRP)
  4. イーサリアム(ETH)
  5. モナコイン(MONA)
  6. ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)

モナコインを取引できる取引所は珍しいですね。
徐々に取り扱いを始める国内取引所が現れているものの、まだまだ限られた取引所でしか手に入りません。

有名な銘柄が揃っていますし、売買にも送金用にもbitbank(ビットバンク)は使えるでしょう。

bitbank(ビットバンク)の手数料

bitbank(ビットバンク)の取引でかかる手数料は下記の通りです。

売買手数料
メイカー テイカー
BTC/JPY 無料 無料
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC

※メイカー:注文板に並んでいない注文を出して、注文が約定することを言います。
※テイカー:注文板に並んでいる既存の注文が約定することを言います。

入出金手数料
入金手数料 出金手数料
日本円 無料 540円/756円(3万円以上)
BTC 無料 0.001BTC
LTC 無料 0.001LTC
XRP 無料 0.15XRP
ETH 無料 0.0005ETH
MONA 無料 0.001MONA
BCC 無料 0.001BCC

※仮想通貨の出金手数料は送付のときに発生するマイナーへの報酬で、bitbank(ビットバンク)が受け取るものではありません。

bitbank(ビットバンク)のセキュリティ

マルチシグ

bitbank(ビットバンク)ではマルチシグを採用しています。
マルチシグとは、仮想通貨の送信に複数人の承諾が必要な仕組みです。

ですので内部の人間が仮想通貨を不正に送信しようとしても、複数人の署名を得られないため送信できません。

安全な仮想通貨取引には必須のシステムですね。

コールドウォレットとホットウォレット

bitbank(ビットバンク)では、コールドウォレットとホットウォレットによる分散管理が行われています。

コールドウォレットは、完全なオフライン環境によるマルチシグで管理されています。
ネットから完全に隔離されているため、ハッキング被害の心配がありません。

コールドウォレットから仮想通貨を移動するためには、隔離環境で複数人が別々に電子署名を行う必要があります。

ホットウォレットは、常にネットに接続された仮想通貨ウォレットのことです。
ビットコインセキュリティ専門企業のBitGOと提携しており、bitbank(ビットバンク)とBitGoの2社による電子署名を行う形で監理されています。

いつでも送受金できると言う仮想通貨の利便性を損なわず、セキュリティを高める仕組みが採用されていますね。

二段階認証

bitbank(ビットバンク)は認証アプリを使用して、二段階認証を設定できます。
認証アプリに表示される番号を入力しなければ、ログインや送金ができない仕組みですね。

どの取引所でも採用されており、簡単にセキュリティを高められる方法です。

bitbank(ビットバンク)を使った人の評判

bitbank(ビットバンク)を使った人が書いた良い評判

安く取引できるのが嬉しい
大手の取引所は一通り登録しましたが、入金手数料が高いことがずっと気になっていたんですよね。bitbank(ビットバンク)は入金手数料が無料で、安く仮想通貨を購入できるのが嬉しいです。特に海外取引所を使用するときはbitbank(ビットバンク)で購入して送金するのが安上がりです。海外取引所を使用する人はbitbank(ビットバンク)を使った方がお得ですよ。私ももっと早く気付いてさえ入れば…(泣)
手数料無料でチャートがすごい!
入金手数料が無料って言うのは驚きましたね。どこも700円くらいかかりますし、無料のところがあるなんてこと自体考えたこともありませんでした。数回入金するだけで結構な額がかかりますが、bitbank(ビットバンク)なら銀行への手数料だけで終わるので助かります。チャートもすごく使いやすいですし、最近はbitbank(ビットバンク)しか使っていません。セキュリティも信頼できて安心ですからね。
結構気に入っています
bitbank(ビットバンク)のチャートが細かすぎて驚きました。これってFXの分析に使うような機能が備わっていますよね?私は角度を調べるくらいですが、他にも沢山の分析ができそうです。手数料がかからずに安く仮想通貨を購入できますし、結構気に入っていますよ。メインで使っている取引所はありますが、最近はbitbank(ビットバンク)寄りになってきています。専用アプリがあれば完璧ですね(笑)

bitbank(ビットバンク)を使った人が書いた悪い評判

結局他の取引所を使っている
bitbank(ビットバンク)は安く仮想通貨が手に入るのですが、取り扱っている種類が少なくて専用アプリが無いので、少し使い勝手が悪いですね。結局他の取引所でササッと購入していることが多いです。すぐに手に入れたい人には向かないかも?今は送金用に使っているだけですね。

bitbank(ビットバンク)の運営会社について

名称:ビットバンク株式会社
代表者:廣末 紀之
住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
電話番号:03-6427-1520

取引やサービスについての問い合わせは、電話では受け付けていないそうです。
ですので問い合わせは専用フォームから行いましょう。
bitbank問い合わせフォーム

について書かれた記事

取引所に関する最新記事