Binance(バイナンス)とは?メリットやデメリット、評判まとめ

最終更新日 : 取引所   491 Views
さる吉
最近ツイッターでBinance(バイナンス)が良いって見かけるんだけど、Binance(バイナンス)って何?
先生
Binance(バイナンス)は海外の仮想通貨取引所です。取扱い仮想通貨が多く、ハードフォークコインの取り扱いにも積極的です。

Binance(バイナンス)とは?

Binance(バイナンス)は【中国】の仮想通貨取引所です。
中国に拠点がありますが【日本語に対応】しており、初めての海外取引所として使用する人も多いですね。

2017年7月に登場したにも関わらず、取引高は【世界5位】を記録するほどです。
有名な海外取引所はpoloniexやBITTREXがありますが、Binance(バイナンス)も要注目の取引所と言えますね。

Binanceの登録方法(口座開設方法)は、下記の記事で紹介しています。

多くの取引所では新規上場銘柄を審査して決めますが、
Binance(バイナンス)では投票で決めると言う珍しい形を採用しています。

ですので、よりユーザーのニーズに近い仮想通貨が揃っています。

取り扱い仮想通貨は【80種類以上】で、ペア数は200近くあります。

先生
ペア数が多いということは、購入に使える通貨が多いということです。

Binance(バイナンス)ではビットコイン、イーサリアム、USDTを基軸に取引を行います。
円やドルなど法定通貨での入金はできませんので、他の取引所から仮想通貨を入金しましょう。

Binanceへ入金する方法を、下記の記事でまとめています。

Binance(バイナンス)を使うメリット

日本語に対応している

Binance(バイナンス)は日本語に対応しています。

海外の取引所は日本語に対応しているものが少なく、登録すら大変です。
慣れれば問題ないものの、最初は戸惑ってしまうでしょう。

Binance(バイナンス)は日本語で表示されるので、日本の取引所と同じ要領で使用できます。

取り扱っている仮想通貨が多い

Binance(バイナンス)では【80種類以上】もの仮想通貨が取り扱われています。

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • アイオータ(IOTA)
  • イオス(EOS)
  • ネオ(NEO)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)

などなど、「何その仮想通貨?」と思わず声が出てしまいそうなものまで揃っています。

積極的に取り扱いを増やしているようですので、今後も増えていくでしょう。

手数料が安い

Binance(バイナンス)の取引手数料は【0.1%】です。
他の海外取引所で比べるとPoloniexは0.15%、Bittrexは0.25%ですので、Binance(バイナンス)が格安であることがわかりますね。

さらにBinance(バイナンス)が発行している独自トークン【BNB】を利用すれば、手数料が【50%】つまり【0.05%】になるサービスも行われています。
取引数が多くなると手数料で目減りしてしまいますし、格安の手数料は嬉しいですね。

ハードフォークコインが付与される可能性が高い

仮想通貨は時々ハードフォークが発生します。
Binance(バイナンス)ではハードフォークによって生まれたコインが付与される可能性が高くなっています。

先生
ハードフォークとは、仮想通貨が分裂することです。

Binance(バイナンス)の公式Twitterでは「全てのハードフォークコインを付与する」とのツイートがされました。

さる吉
国内の取引所は、ハードフォークコインが取り扱われるまで時間かかるし、Binance(バイナンス)に置いていた方が得かも…。
先生
そうですね、国内の取引所は付与されないことが多いですから。ハードフォークが発生しやすいビットコインをBinance(バイナンス)に預けておけば、いつの間にか資産が増えているかもしれません。

Binance(バイナンス)を使うデメリット

一部しか日本語に対応していない

Binance(バイナンス)は全てが日本語に対応しているわけではなく、一部しか対応していません。

例えばスマホからBinance(バイナンス)にアクセスしても、英語か中国語しか選択できません。

サポートやニュースも日本語に対応しておらず、まだまだ日本語対応は進めている途中といった印象です。

特にサポートで日本語対応していないのは痛いですね。
トラブルが起きたときは英語で問い合わせる必要があります。

しかしBinance(バイナンス)は日本にもオフィスを構えていますので、少しずつ日本語対応は進んでいくでしょう。

パソコンからしか本人確認できない

Binance(バイナンス)はパソコンからしか本人確認ができません。

先生
本人確認をすると24時間以内に2BTCしか出金できないと言う制限が解除されます。

「2BTCも出金しない」と言う人は本人確認不要ですね。
確認されるまでに時間がかかることを考えると、早く終わらせた方が後々の手間がかかりません。

中国の法律に左右される

Binance(バイナンス)は中国の取引所です。
ですので中国で「取引所を停止してください」と言うような命令や規制が出てしまう可能性もあるわけです。

「停止されたらどうすれば良いの?」って問い合わせしようにも、サポートは日本語ではないのでやり取りも大変…。

可能性はゼロではないので、仮想通貨は分散して保管するのが良いでしょう。

出金に時間がかかる

Binance(バイナンス)は手数料が安く設定されているため、出金に時間がかかります。
仮想通貨は手数料が多い方が優先して承認されるのは知っていますよね。

手数料が安いとこうしたデメリットがあります。

Binance(バイナンス)のサービス一覧

仮想通貨の取引

Binance(バイナンス)ではビットコインとアルトコインの取引ができます。
取引できる仮想通貨の種類は多く、ペア数は200近くあります。

BTC、ETH、BNB、USDTが基軸になっています。

有名な銘柄からマイナーな銘柄まで、様々な種類の仮想通貨が取り扱われています。

Binance(バイナンス)で取引できる仮想通貨の種類

Binance(バイナンス)では豊富に仮想通貨が取り扱われています。
かなり長くなったので、折りたたんでいます。

Binanceで取引できる仮想通貨の一覧を開く

積極的に取り扱い仮想通貨を増やしているので、今後も増えていくでしょう。
取り扱われる仮想通貨は投票で決められますので、ユーザーのニーズに沿ったラインナップになります。

Binance(バイナンス)のセキュリティ

2段階認証

Binance(バイナンス)では2段階認証が推奨されています。
任意ですので設定していない人もいるようですが、不正アクセスなどによる流出の可能性が高くなります。

2段階認証には「Google authenticator」を使用します。
ストアでインストールするだけですし、多くの取引所で2段階認証に使用されているアプリです。

Binance(バイナンス)を使った人の評判

Binance(バイナンス)を使った人が書いた良い評判

気に入っています
Binance(バイナンス)は本人確認なしでも取引できるのが良いですね。メールアドレスの登録だけなので2分ほどで使えるようになりました。取り扱っている銘柄も多いですし、なにより日本語に対応しているのが嬉しいです。
日本語表示で使いやすい
初めての海外取引所にBinance(バイナンス)を選びました。やっぱり日本語でなければ使い方がわかりにくいですからね。スマホでは日本語表示できないものの、パソコン版は日本語表示なので慣れればスマホでも大丈夫でした。
ハードフォークコインが付与される!
Binance(バイナンス)でビットコインを保管していたらハードフォークで生まれたコインが付与されていました!国内の取引所だと対応まで時間がかかったり付与されないこともあるので良かったです。本人確認をしなかったら出金制限があるものの、1日に2BTCも出すようなことはないので、登録が簡単なことも良かったです。

Binance(バイナンス)を使った人が書いた悪い評判

スマホから登録は大変
Binance(バイナンス)が良いと聞いたので登録しようと思ったら英語でしか表示できませんでした。どうやらスマホでは日本語表示できないようです。パソコンを持っていないので登録に時間がかかりました…。しかも本人確認もパソコンからしかできないみたいです。Binance(バイナンス)のためにパソコンを買うのはもったいないし、あまり良い印象はありません。

Binance(バイナンス)の運営会社について

会社名:Binance社
代表:ChangPeng Zhao
住所:香港
連絡先:Binance(バイナンス)に関する問い合わせは、下記ページからできます。
Binanceのサポートページへ

について書かれた記事

  • 仮想通貨投資初心者の人が、海外取引所を使う場合、どの取引所を使えば良いのでしょうか?このページでは仮想通貨投資初心者の人が海外取引所をはじめて使う場合に、オススメの取引所をまとめました。

  • 仮想通貨取引所のBinanceへ送金する手順を掲載しています。Binanceで取引をするには、日本の取引所からBinanceへと、BTCまたはETHを送る必要があります。このページを見て間違えないように送金しましょう。

  • 中国の仮想通貨取引所【BINANCE(バイナンス)】で口座を開設する方法、本人確認をする方法を記載しています。パソコンとスマートフォン、両方の手順を書いています。

取引所に関する最新記事