仮想通貨取引所とは?仕組みやリスクに言及

最終更新日 : 取引所   598 Views
先生
今回は仮想通貨取引所について記事を書きます。仕組みや販売所との違い、そしてリスクなどを学びましょう

仮想通貨取引所って?

仮想通貨取引所とは、仮想通貨を売りたい人と買いたい人の間に入って、スムーズに取引してくれる場所です。

さる吉
仮想通貨は取引所じゃないと売買できないの?
先生
いいえ、個人間同士でも仮想通貨の売買を行うことが出来ますよ。しかし売りたい人も買いたい人も取引所に集まっているので、実質取引所でないとほぼ売買は出来ないのが現状です。

仮想通貨取引所はかつては誰でも運営できましたが、2017年10月から登録制になりました。
【仮想通貨交換業者】に登録しないと、今後は新しく開設することができません。

資本金が1,000万円、純資産がマイナスではないなどの条件が必要になり、
かつて運営していた取引所でも、審査に通らないからと廃業した取引所もあります。

登録制となる前から運営していた仮想通貨取引所に関しては、現在は【未登録でも】運営できます。
しかし審査の結果【登録拒否】となった場合は、運営を継続できません。

さる吉
仮想通貨取引所を決める際は、登録事業者になっているかは絶対確認したほうが良いね

ただし仮想通貨の交換事業者として登録されていても、破綻や廃業のリスクがないかと言うとそうではありません。
【取引所】を一定のレベルに保つために設けられた登録制であり、国が安全とお墨付きを与えたわけではないのです。

仮想通貨取引所の仕組み

仮想通貨取引所の取引は【オークション形式】で成立していきます。

仮想通貨を買いたい人が注文を出します(Bidと言います)
仮想通貨を売りたい人が注文を出します(Offerと言います)

これらの具体的な金額は、オーダーブックで見れます。
(オーダーブックは、仮想通貨取引所に機能として備わっています)

例えば「0.015BTCを10,000円」で買うと言う注文を出したとします。
また同時に、0.015BTCを12,000円で売ると言う注文を他の人が出したとします。

注文以上の金額(例えば11,000円)で仮想通貨を購入してしまうことはありません。
10,000円を超過した金額でしか売り注文がない場合は、取引は成立しません

また、注文以下の金額(例えば11,000円)で仮想通貨を売却してしまうこともありません。
11,000円未満の金額でしか買い注文がない場合は、取引は成立しません

取引が成立しないと、売り手も買い手も何も出来ないので、互いに金額を譲歩していくことになります。

譲歩した結果、取引条件に合致したとき、初めて取引が成立します。

仮想通貨取引所は、【仲介役】をすることで、売り主または買い主(または両方)から手数料を得ます。

手数料の金額は、仮想通貨の取引量に一定割合をかける場合が多いでしょう。

例えば手数料が、購入量×0.015%の場合
2BTを600,000円で購入したら
【0.03BT】が手数料となります。

しかし手数料が無料の仮想通貨取引所も存在します。
手数料が無料ですと、手数料のことを何も考えなくて良いので、投資初心者にオススメです。

先生
手数料が無料でも取引所を運営している理由は、他のことで利益を得ているからです。(例えば仮想通貨販売など)

交換事業者として登録されている仮想通貨取引所

2017年10月現在、仮想通貨交換事業者として登録されているのは、下記の取引所です。

所管 交換事業者名 取引所名 登録年月日 住所 取り扱う仮想通貨
関東財務局 株式会社マネーパートナーズ 未定 平成29年9月29日 東京都港区六本木3-2-1 BTC(ビットコイン)
QUOINE株式会社 QUOINE 平成29年9月29日 東京都千代田区平河町2-7-3 BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
株式会社bitFlyer bitFlyer 平成29年9月29日 東京都港区赤坂3-5-5 BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコ
イン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
ビットバンク株式会社 bitbank 平成29年9月29日 東京都品川区西五反田7-20-9 BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
MONA(モナコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 未定(開設予約受付中) 平成29年9月29日 東京都港区六本木1-6-1 BTC(ビットコイン)
GMOコイン株式会社 GMOコイン 平成29年9月29日 東京都渋谷区桜丘町20-1 BTC(ビットコイン)
ビットトレード株式会社 BitTrade 平成29年9月29日 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
MONA(モナコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)
BTCボックス株式会社 BTCBOX 平成29年9月29日 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル4階 BTC(ビットコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)
株式会社ビットポイントジャパン BITPoint 平成29年9月29日 東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)
近畿財務局 株式会社フィスコ仮想通貨取引所 フィスコ仮想通貨取引所 平成29年9月29日 大阪府岸和田市荒木町2-18-15 BTC(ビットコイン)
MONA(モナコイン)
FSCC(フィスココイン)
NCXC(ネクスコイン)
CICC(カイカコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
テックビューロ株式会社 Zaif 平成29年9月29日 大阪府大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4F BTC(ビットコイン)
MONA(モナコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
XCP(カウンターパーティー)
ZAIF(ザイフ)
BCY(ビットクリスタル)
SJCX(ストレージコインエックス)
PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
FSCC(フィスココイン)
CICC(カイカコイン)
NCXC(ネクスコイン)
Zen(ゼン)
XEM(ゼム(ネム))
ETH(イーサリアム)

2017年10月現在、上記以外の19社が継続審査中となっており、審査に通過すれば上記の登録事業者に追加されていきます。

仮想通貨取引所と販売所との違い

先生
仮想通貨取引所と仮想通貨販売所の違いは知っていますか?
さる吉
呼び方が違うだけ?
先生
いいえ、仮想通貨取引所と仮想通貨販売所は、名前だけでなくサービス内容が全く違うものとなっています。

「仮想通貨販売所」は、簡単に言うと
【その事業者が持っている仮想通貨を売ってもらう】
【その事業者に仮想通貨を買い取ってもらう】
サービスです。

そして今まで説明してきた、仮想通貨取引所は
【仮想通貨を売りたい人と買いたい人を仲介する】
サービスです。

全く違うことがわかりますね。

仮想通貨取引所・販売所
それぞれにメリット・デメリットがあります。

最も大きな取引所のメリットは
相場の価格で購入できること。

最も大きな販売所のメリットは
すぐに購入できること
です。

取引所と販売の違いについては、別途記事で詳細を書いています。
(↑クリックで飛びます)

仮想通貨取引所に登録する流れ

仮想通貨取引所は国内・海外でいくつも数がありますが、登録する流れに関してはほぼ同じです。

アカウントを作成

所要時間:5分程度

まずは仮想通貨取引所のアカウントを作成する必要があります。

アカウント自体はすぐに作成することが出来ます。

アカウント作成に必要な個人情報を適当に書いても、アカウント自体は作成出来ます。
しかし本人確認書類と情報が一致しなかったり、書留郵便が到達しないので、取引は出来ません。

ですので、アカウント作成に必要な情報は、全て正しい情報を入力しましょう。

本人確認書類の送付

所要時間:2~7日程度

アカウントが作成できたら、次は本人確認書類を送付します。
送付とは言いますが、大抵の取引所では、データをアップロードすることで送付完了します。

取引所によって、何を本人確認書類とするかは様々です。

例えば、ビットフライヤーでは健康保険証1枚で本人確認できますが
コインチェックでは、さらに公共料金の明細書の提出を求められます。

本人確認書類に書かれている住所へ、書留郵便が送達されます。
ですので書かれている住所が以前の住所のままですと、本人確認が出来ません。

免許書やパスポートなどの住所は最新のものにする必要があります。

書留郵便の到達

所要時間:2~7日程度

取引所にって本人確認認証がされると、次は本人確認書類が自宅に届きます。
書留郵便ですので、本人が押印をしないと受け取れません。

書留郵便を受け取ることで、取引所に自分の口座が開設されます。

入金

所要時間:銀行の1営業日程度

口座が開設すれば入金が出来ます。

取引所の口座に振り込んでも、リアルタイムに反映されるわけではありません。
銀行が営業している時間帯にのみ反映されますので、土日の場合は月曜日を待つ必要があります。

銀行の振込手数料は振込人負担ですので、あまり細かく入金すると手数料で損します。

クイック入金など、早くに入金できる方法が用意されている取引所もあります。
当然、手数料が高くなるでしょう。

中にはクレジットカードで入金を出来る取引所・販売所もあります。
しかしこちらも手数料が高くなるため、急ぎの時以外は利用しないほうが良いでしょう。

ビットコイン取引量が多い取引所

仮想通貨取引所は多くありますので、当然人気の取引所があれば不人気の取引所もあります。

取引所の人気を図る上で役立つのが、ビットコインの取引量です。
ビットコインの取引量はAPIにより公開されています。

2017年10月現在、ビットコインの取引量が多い国内取引所は下記の通りです
(10/1-10/28までの集計)
(全取引所の合計は69,206,121BTC)

  • 1位:bitFlyer(41,734,896BTC)
  • 2位:Quoine(7,783,011BTC)
  • 3位:coincheck(7,475,717BTC)

1位のビットフライヤーがかなりの差をつけていますね。
日本で取引されているビットコインの60%弱が、ビットフライヤーで取引されています。

国内の大手仮想通貨取引所

国内の仮想通貨取引所の中でも、大手の取引所をいくつか紹介します。

さる吉
大手の仮想通貨取引所ってだけで、何か良いことあるの?
先生
信用されているから大手になったと言えます。後述しますが、仮想通貨取引所にはリスクもあるので、大手を選ぶことは1つのリスク回避なのです。

【ビットフライヤー】
2017年10月現在、テレビCMを行っている唯一の仮想通貨取引所。
その知名度から、国内ビットコイン取引の多くがビットフライヤーで取引されています。

ビットフライヤーの強みは
取引量が多いことから信用できること
手数料が安いこと
が挙げられるでしょう。

ビットフライヤーの詳細はこちら
ビットフライヤーの口座開設手順はコチラ

【コインチェック】
コインチェックは日本で第3位のビットコイン取引料を誇る仮想通貨取引所です。
シンプルな取引画面が使いやすく、素人にも玄人にも好まれる取引所です。

コインチェックの強みは
ウェブ・アプリの取引画面が使いやすいこと
キャンペーン中は手数料が無料
が挙げられるでしょう。

コインチェックの詳細はこちら
コインチェックの口座開設手順はコチラ

【Zaif】
Zaifはモナコインやネムなど、今人気となっているアルトコインを取り扱っている仮想通貨取引所です。
人気になる前から取り扱っているので、先見性に長けた取引所と言えます。

Zaifの強みは
4種類のアルトコイン取引ができること
キャンペーン中は手数料がもらえる
が挙げられるでしょう。

Zaifの詳細はこちら
Zaifの口座開設手順はコチラ

先生
どの仮想通貨取引所にして良いか迷った場合は、上記のどれかにすれば問題ないですね。それぞれの記事を参考にして下さい。

国内の仮想通貨取引所を選ぶメリット

国内の仮想通貨取引所を選ぶ時に得られるメリットをまとめました。

  1. わかりやすい
  2. 情報が入りやすい
  3. 日本円で購入できる

口座開設画面や操作画面が、当然日本語ですので、わかりやすくなっています。

こちらも当然ですが、サポートが日本語で受けられます。
海外の仮想通貨取引所を使うと、日本では基本的にサポートを受けられません。

仮想通貨投資は、他の投資に比べてミスが多い投資と言われています。

ウォレットに送付する際にミスがあると、一時的に仮想通貨が紛失します。
そんな場合でも、サポートが日本語ですと、スムーズに回復出来るのです。

また日本の仮想通貨取引所のニュースは、日本が最も早いと言えるので、情報が入りやすいとも言えるでしょう。

日本円から直接仮想通貨を購入できるのも、国内の取引所だけです。

仮想通貨投資初心者の方は、絶対に国内の仮想通貨取引所をオススメします。

海外の大手仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は、国内だけでなく海外にも存在します。
日本の取引所の仮想通貨取扱量とは、桁違いの取引量を誇る取引所も存在します。

当然海外の仮想通貨取引所を選ぶ上でも【大手か否か】は選ぶ際の重要な指標となります。

日本語でのサポートは行われていないため、日本の取引所を選ぶときよりも、慎重になる必要があります。

大手で信用が置ける海外の仮想通貨取引所はこちらです。

【poloniex(ポロニエックス)】
poloniexは、アメリカに本社を置く仮想通貨取引所です。
poloやポロと呼ばれています。

2017年現在取引量が世界で最も多く、世界一の仮想通貨取引所と言われています。
poloniexで取引ができるようになると、通貨の価格が高騰してしまうほどの影響力があります。

poloniexの強みは
仮想通貨の種類が豊富であること
取引が成立しやすいこと
が挙げられます。

poloniexを使うメリット・デメリットや評判はこちら

poloniexの口座開設をする手順はこちら

【Bitfinex(ビットフィネックス)】
Bitfinexは香港に本社を置く仮想通貨取引所です。
手数料が安く、日本でも多くの人が口座を開設しています。

日本でも人気の取引所ですが、香港に拠点を置くため、どうしても中国の影響を受けてしまいます。
中国は仮想通貨に強い規制を加えているため、Bitfinexもどのような動きをするのか不明瞭です。

Bitfinexの強みは
レバレッジを3.3倍までかけられる
ハッキング経験からセキュリティが強固に
が挙げられます。

【Bittrex(ビットトレックス)】
Bittrexはアメリカの本社を置く仮想通貨取引所です。
なんと250種類以上の仮想通貨を取引できます

Bittrexの強みは
アルトコインの種類が豊富
新しいアルトコインも買える
が挙げられます。

BITTREXを使うメリット・デメリットや評判はこちら

海外の仮想通貨取引所を選ぶメリット

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時に得られるメリットをまとめました。

  1. アルトコインの種類が豊富
  2. ボラティリティが高い

海外の仮想通貨取引所を使う最大のメリットは、アルトコインの種類が豊富であることです。

日本ではどの取引所でも購入できないアルトコインが、海外ではサクッと購入できます。
中には100種類を超えるアルトコインを取り扱う取引所も。

時価総額が低いアルトコインを取り扱うので、そのような通貨はボラティリティ(価格の上げ下げ幅)が大きくなります。

1日で倍になったり半分になったり、投機的要素が強いので、その点をメリットと感じる人もいるでしょう。

ただしサポートは基本英語のみでの対応となるので、トラブルが合った場合には非常に厄介でしょう。
また補償面でも、日本の取引所よりも遅れている面が多く、自己防衛が必要です。

仮想通貨取引所が破綻(閉鎖)するリスク

みなさんも本屋ネットで読んだことがあるかもしれませんが、仮想通貨自体には破綻するリスクはほぼありません。
(投機的な意味で、無価値になる場合はありますが…)

しかし【仮想通貨取引所】は、破綻するリスクがあります。

仮想通貨自体が破綻していなくても、取引所が破綻してしまえば、そこに預けている日本円やビットコインなどの仮想通貨は消滅します。

経営不振による破綻もあれば
ハッキングにより仮想通貨を紛失する可能性もあります。

一時は日本最大のビットコイン取引料を誇った【マウントゴックス】は、ハッキングにより【1円=1BTC】に引き下げられ、大量のビットコインをこの価格で買い取られました。
その影響から、2014年2月に破産し、利用者の損害はほとんど返ってきていないようです。

ですので、仮想通貨取引所がいつ破綻しても良いように、自己防衛しておく必要があります。

仮想通貨取引所が破綻する前に出来るリスク回避方法

仮想通貨取引所が破綻しても、リスクを最小限にするための方法は、下記の方法があります。

  1. 仮想通貨をウォレットに移す
  2. 複数の取引所で取引する
  3. 無名の取引所を使う際には十分下調べをする
  4. 海外の取引所を使う際には十分下調べをする

取引をしばらくしない仮想通貨の全部や一部はウォレットに移動しておきましょう。
ウォレットに移動すれば、その仮想通貨は自分の手元にあることになるので、取引所が破綻しても失われません。

国内にある無名の取引所を使うメリットはあまりありません。
誰かに勧められた場合、なぜその取引所をすすめるのかじっくり考えてから、判断しましょう。

仮想通貨取引所に関する親記事となります。

, , について書かれた記事

取引所に関する最新記事