仮想通貨の資産管理にオススメのアプリとサービスまとめ!

投稿日:
アプリ   408 Views
さる吉
複数の取引所使ってたら何をどれだけ持ってたかわからなくなってきたウキ…
先生
では資産管理にオススメのアプリをいくつか紹介しますね。

仮想通貨の資産管理にオススメのアプリ

仮想通貨取引を行う上で問題になるのが資産管理です。
複数の取引所やウォレットを使用していると、「どこにいくら入っているのか」「いくらの利益があるのか」などがわからなくなります。

特に取引数が多い人は大変ですよね。

そこで今回は、資産管理にオススメのアプリを厳選して紹介します。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

Cryptofolio

国内取引所
海外取引所
対応銘柄
日本円表示
日本語表示

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は取引履歴を登録することで、資産総額や利益額を表示してくれるアプリです。
iPhone・Androidどちらにも対応しています。

購入コストの総額から時価総額を計算して、いくらの利益があるのかを確認できます。
別々の取引所であっても合計して計算してくれるため、1つ1つログインして確認する手間が省けます。

気になっている通貨の価格を確認するチャートとしても使用可能です。
ウィジェット機能を利用してオリジナルの価格表が作成できます。

ウィジェットはiPhoneのみの機能でしたが、アップデートでAndroidも可能になりました。

資産管理アプリは英語で使いにくいと言う人が多いですが、Cryptofolio(クリプトフォリオ)は日本語対応ですので安心です。
資産総額の部分をタップすると、BTC建て表示に切り替えられます。

先生
円グラフで総資産を確認したり、各仮想通貨ごとの損益額をチェックできます。

Blockfolio(ブロックフォリオ)

Blockfolio

国内取引所
海外取引所
対応銘柄
日本円表示
日本語表示 ×

Blockfolio(ブロックフォリオ)は取引記録を登録することで、資産総額や利益額を表示してくれるアプリです。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に似ていますが、Blockfolio(ブロックフォリオ)は海外向けのアプリですね。
iPhone・Androidどちらにも対応しているアプリです。

多くの海外取引所に対応しており、英語のニュースも表示できます。
各通貨ごとに価格が一定以下になるとアラームを設定できるので、海外取引所を中心に使う人にオススメです。

設定を変えれば日本円表示ができます。

ときどき対応しているはず取引所で表示されない通貨があるのの、海外取引所で安く販売されているところを探すのに重宝します。

購入コストから市場価格を差し引いた損益計算が可能で、日本円表示で確認できます。

金額の後ろにKもしくはMMが表示されることがあります。
Kは1000、MMは100万の意味です。

取引履歴の登録画面で「Deduct from 〇〇 Holdings」をオンにしておくと、購入に使用した通貨を自動で差し引くことができます。
後から編集してオンにはできないので注意してください。再度取引履歴を登録すればオンにできますが二度手間になります。

先生
安く取り扱っている海外取引所を探すのに便利です。

Coinboard(コインボード)

Coinboard

国内取引所
海外取引所
対応銘柄
日本円表示
日本語表示

Coinboard(コインボード)はAPIで取引所のデータを取得し、自動で資産総額を表示できます。
webサービスですのでアプリはありません。
しかし開発中とのことですので、近いうちにリリースされるでしょう。

各取引所のAPI情報を登録する手間はありますが、一度登録してしまえばやることはありません。
ログインするだけで資産を確認できます。

APIと言われると複雑な設定があるように思ってしまいますが、コピーして貼り付けるだけですので苦手意識を持たなくても大丈夫です。
APIの取得は1つずつ丁寧に説明が記載されているので、ゆっくり進めれば問題ないでしょう。

ただし取引所が提供しているAPIの仕様によって取得できない情報もあります。
例えばコインチェックは取引履歴のみ、Zaifは一部の通貨ペアのみ対応しています。

各取引所の対応状況は一覧で公開されており、徐々に改善されていくでしょう。

先生
API設定が終われば自動で計算してくれるのでラクです。

Cryptact(クリプタクト)

cryptact

国内取引所
海外取引所
対応銘柄
日本円表示
日本語表示

Cryptact(クリプタクト)は、各取引所から提供されている取引履歴のファイルをアップロードすることで、自動で損益計算をするwebサービスです。
webサービスですのでアプリはありません。

自分で取引履歴を入力してファイルを作成すれば、Cryptact(クリプタクト)に未対応の取引所でも計算してくれます。
「買い物で支払いに仮想通貨を使用した」という処理も可能です。

以前は登録人数に上限がありましたが、今は上限無しになりました。
損益額と保有量を把握するのに便利です。

ファイルのアップロードはスマホからでも可能です。
ただし取引所がスマホでダウンロードできない仕様になっているため、実質パソコンからしか使えません。

パソコンでアップロード後にスマホでログインすれば、資産総額や損益額は確認できます。

先生
各取引所から取引履歴ファイルをダウンロードして、Cryptactにアップロードするだけで計算してくれます。

併用して管理するのがオススメ

仮想通貨の資産管理は、複数のアプリを併用して管理するのがオススメです。
と言いますのも、アプリによっては対応していない取引所や通貨があるからです。

ですので少なくとも2つを併用するのが良いでしょう。

例えばCryptofolio(クリプトフォリオ)とBlockfolio(ブロックフォリオ)の組み合わせです。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)は海外取引所や通貨に対応できていないものがあります。

そこで海外を中心に対応しているBlockfolio(ブロックフォリオ)で管理します。
どちらも使い方はほぼ同じですので、この組み合わせを利用している人は多いそうです。

まとめ

複数の取引所を利用して仮想通貨取引を行っていると、どの仮想通貨をどれだけ持っているのか・どこに置いているのかが把握できなくなってきます。
売却して処理してしまえばラクなのですが、時価が足りなくて売却できなかったりホールドしたいと言う人もいるでしょう。

ですので自分に合った資産管理方法を行う必要があります。

今後も便利な資産管理アプリやサービスが登場していくでしょうし、積極的に触れていくことをオススメします。

アプリに関する最新記事