Cryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方やメリット・デメリット【仮想通貨一括管理アプリ】

投稿日:
アプリ   1,320 Views
さる吉
Cryptofolio(クリプトフォリオ)が便利って聞いたんだけどどんなアプリ?
先生
Cryptofolio(クリプトフォリオ)は複数の取引所で所有している仮想通貨を一括で管理できるアプリですよ。iOS、Androidどちらでも配信されているので、一度インストールしてみると良いでしょう。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)とは?

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は自分が保有している仮想通貨を一括で管理できるアプリです。
iOS、Androidどちらでも配信されています。

取引所ごとにログインして資産を確認する手間が省けるだけではなく、市場価格-購入コストを自動で計算して表示してくれます。

海外取引所にも対応しており、円換算した価格表示が可能です。

さる吉
複数取引所を使っていたらいちいちログインして確認しないといけないから面倒ウキ。一括管理できるなら嬉しいウキ。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)を使うメリット

全て円で表示してくれる

海外取引所でしか取り扱われていない仮想通貨は、円で購入できないため、日本円でいくらなのかすぐにはわかりません。
しかしCryptofolio(クリプトフォリオ)では円に換算した1コインあたりの金額が表示されます。

1コインあたりの金額がわかれば、「○万円分購入したい」といった計算がすぐにできます。
複数の仮想通貨を1万円ずつ購入したいときなどに便利ですね。

総資産を一瞬で確認できる

Cryptofolio(クリプトフォリオ)に登録した取引履歴から、総資産を計算してくれます。
複数の仮想通貨を所持していると、どの取引所にいくら入っているのか把握することすら大変ですよね。

ましてや総資産の計算はエクセルなどで監理しなければ把握しづらいものです。
グラフで資産の増減も確認できるので、自分の総資産を一瞬で確認できます。

購入額と利益額がわかりやすい

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は登録した取引履歴から、購入額と利益額を自動で計算してくれます。
購入費の合計と現在の相場から、利益額を計算します。

海外取引所で保有している仮想通貨も日本円に換算して利益額を計算可能です。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)を使うデメリット

自動で取引を読み込めない

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は各取引所から自動でデータを読み込みはしません。
1つずつ取引内容を登録する必要があります。

取引所・レート・数量・日付などのデータを入力して登録します。

取引数が多い人は手間がかかりますが、一度登録してしまえば管理がラクです。
相場確認のために数量0で登録することもできます。

電波が悪かったりメンテナンス中は開けない

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のデータはスマホ無いではなく、サーバーに保存されます。
ですので電波が悪かったりメンテナンス中はアプリを開けません。

サーバーに負担がかかりすぎて接続できなくなることもあります。

iOSとAndroid版で仕様に差がある

Cryptofolio(クリプトフォリオ)はiOS版とAndroid版、どちらも配信されていますが仕様に差があります。
iOS版にはあるのに、Android版には無い機能がいくつかあります。

Android版は最低限の機能を実装して配信したようです。
アップデートで徐々に機能が追加され、iOS版に近付いています。

iOS版とAndroid版の違い

iOS版とAndroid版には3つの違いがあります。

まず【並替え機能】です。
iOS版では、仮想通貨を自分の好きな順番に並替えることができます。
Android版は並べ替えができず、アプリが自動で並び順を決めます。
沢山登録しているときは探すのが少し面倒かもしれませんね。

次に【ウェジェット機能】です。
iOS版はウェジェット機能を利用して、自分が気になる銘柄だけを集めた相場リストを作成できます。
海外取引所を使っているとアクセスしたりアプリを開いたりするのは面倒ですよね。
ウェジェット機能を活用すれば、ホーム画面から一覧でチェックすることができます。

そして【データ同期】です。
いわゆる引き継ぎ機能ですね。スマホを買い替えたら一から取引履歴を登録し直し…なんてことをしなくても、データ同期機能を使えば簡単に引き継ぎができます。
Android版にはまだ実装されていないものの、必須の機能ですので後々実装されるでしょう。

先生
後で紹介するフォルダ機能もアップデートで追加されました。ですのでiOS版とAndroid版の違いは徐々になくなるものと思って良いでしょう。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方

先生
まずはCryptofolio(クリプトフォリオ)の一番基本となる【保有資産】の画面の見方を覚えましょう。

画面の見方

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の画面

  1. 総資産(タップでJPYとBTC切り替え)
  2. 24時間の損益額
  3. 24時間の損益%
  4. 保有している仮想通貨の現在価格
  5. 現在の1コインあたりの価格
  6. 保有数
  7. 24時間の相場比率

インストールしたばかりのときは何も表示されませんが、取引記録を登録することで画像のような表示になります。
それでは取引記録の登録方法について説明します。

取引記録の登録方法

先生
Cryptofolio(クリプトフォリオ)は登録した取引記録を元に損益計算を行います。

[1]右上にある【+】のアイコンをタップします
取引記録をCryptofolio(クリプトフォリオ)に登録します。
購入金額や所有数から自動で損益計算をしてくれます。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に取引を登録する1

[2]コインを選択します
好きな方法でコインを選択します。
今回はコインチェックでビットコインを購入したときの流れを例に紹介します。
コインチェックは国内の取引所ですので、一番上の【国内の取引所から選ぶ】をタップします。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に取引を登録する2

[3]取引所を選択します
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に取引を登録する3

[4]取引ペアを選択します
ビットコインは円で購入ですので【/JPY】をタップします。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に取引を登録する4

[5]取引内容を入力し、【保存】をタップします
取引価格・取引量・取引日を入力します。
後で編集することもできますので、なんとなくで入力して使い方を確認してもOKです。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)に取引を登録する5

各仮想通貨ごとの損益を確認する

先生
Cryptofolio(クリプトフォリオ)は【市場価格-購入コスト】を自動で計算して表示してくれます。

[1]確認したい仮想通貨をタップします
Cryptofolio(クリプトフォリオ)で損益を確認1

[2]右上にある【保有状況】をタップします
この画面では相場を調べることができます。
取引所の名前や日付をタップすると変更が可能です。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)で損益を確認2

[3]右上に損益が表示されます
別々の取引所であっても、市場価格から購入コストを引いた額を表示してくれます。
取引記録をタップすれば編集・削除が可能です。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)で損益を確認3

フォルダの表示方法

Cryptofolio(クリプトフォリオ)にはフォルダ機能があります。
私の場合は「コインチェック・バイナンス・folio3」と設定しています。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)のフォルダ1
しかしインストールした時点ではオフになっており、タブは表示されません。
使用するには自分で機能をオンに設定する必要があります。

[1]画面右下にある歯車のようなアイコンをタップします
Cryptofolio(クリプトフォリオ)のフォルダ2

[2]【フォルダ機能を有効にする】をタップしてオンにします
これで保有資産の画面に戻るとフォルダが追加されています。
フォルダは一番上までスクロールしなければ表示されませんので注意してください。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)のフォルダ3

先生
フォルダ名を変更してホールドしている銘柄や取引所、気になる銘柄ごとにフォルダ分けすると管理しやすくなります。

について書かれた記事

関連記事はありません

アプリに関する最新記事