Cryptact(クリプタクト)の使い方やメリット・デメリット【損益計算に便利!】

投稿日:
アプリ   10,106 Views
さる吉
せんせ~!仮想通貨の取引で稼げてるんだけど、一体何円稼げてるかわからないよ~><
先生
損益計算をするのに便利なツール、Cryptact(クリプタクト)を使えば、そんなお悩みを解決できますよ。

Cryptact(クリプタクト)とは

Cryptact(クリプタクト)は、仮想通貨の所得計算を簡単に行えるツールです。

「ビットコインでアルトコインを買って、数ヶ月後にアルトコインでアルトコインを買って…さて円でいくら利益が出ましたか?」
なんて計算、複雑すぎて出来ませんよね。

もはやお金を出してでも、誰かに計算してくれと頼みたいレベルです…。

しかし取引履歴から自動で損益計算してくれるツール
tax@cryptact】がリリースされました!

何と言っても無料で使えるのが嬉しいですね。
損益計算さえできるのであれば、売買しないでホールドしていた人も取引しやすくなると思います。

Cryptact(クリプタクト)の使い方を簡単に説明しますと、

  1. Cryptact(クリプタクト)へ登録
  2. 取引所から取引履歴をダウンロード
  3. Cryptact(クリプタクト)にアップロード

これだけで損益が計算されます。

取引履歴のダウンロードで戸惑うこともあるでしょうが、ヘルプで詳しく説明されていますので最初に目を通しておけば問題ないでしょう。

Cryptact(クリプタクト)のメリット

アップロードするだけなので簡単

Cryptact(クリプタクト)の一番のメリットは【簡単】なことですね。
ファイルをアップロードするだけで損益計算が終わります。

ビットコインの利益を調べるにしても、複数回購入して一部売却を2回以上していたら頭が痛くなりそうですよね…。
しかもアルトコインも計算となると…。

そういった手間を一切かけずに計算できるのでとてもオススメです。

税金の計算がラク

損益計算がラクと言うことは、税金がいくらかかるのかを計算するのもラクです。
むしろ損益計算をする人の目的は、税金のためだと思います。

Cryptact(クリプタクト)ならアップロードするだけで損益がわかりますので、計算が合っているのかチェックすることにも使えます。

自分で一つずつエクセルに入力して計算するなんてキリがありませんし、時間がかかりすぎます。
Cryptact(クリプタクト)にアップロードしてサクッと終わらせましょう。

対応取引所が多い

Cryptact(クリプタクト)は対応している取引所が多いことも、メリットの1つです。

  • bitbank(ビットバンク)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • binane(バイナンス)
  • Bittrex(ビットレクス)
  • Coincheck(コインチェック)
  • kraken(クラーケン)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Zaif(ザイフ)

国内だけではなく、海外の取引所にも対応しているのが嬉しいですね。

未対応取引でも計算可能

自分が使っている取引が対応していないからと言ってガッカリしないでください。
Cryptact(クリプタクト)は未対応の取引でも、自分でCSVファイルを作成すれば計算が可能なのです。

先生
CSVファイルのサンプルも用意されていますので、ハードルは高くありません。

Cryptact(クリプタクト)のデメリット

登録人数に上限がある

Cryptact(クリプタクト)はリリースされたばかりで、登録できる人数に制限が設けられています。
サーバー負荷を確認しながら順次人数を拡大している途中だそうですが、上限があるのはデメリットですね。

しかしメンテナンス後に追加で新規登録の受付が行われていますので、いずれ上限はなくなると考えて良いと思います。

リリースしたばかりで不具合がある

リリースされたばかりと言うこともあり、時々不具合があります。
しかし確認されている不具合はメンテナンスで少しずつ修正されているようですので、こちらも時間の問題でしょう。

不具合については公式Twitterに報告している人が多いので、気になることがあったら公式Twitterをチェックするのが良いと思います。
公式Twitterはメンテナンスのお知らせや更新情報も確認できます。
@Cryptact

サポートの人的リソースが少ない

「現在、Cryptactのサポートの人的リソースが極めて少ない(1人)ので、ご対応に少々お時間を頂戴しますがご了承くださいませ。」
とのことです。

…QRコードを公開しているなら寄付したいレベルですね。
多少対応が遅くても大目に見ましょう。

しかし1月には法人設立の予定だそうなので、徐々にサポート体制も改善されていくでしょう。

Cryptact(クリプタクト)の使い方

Cryptact(クリプタクト)はファイルのアップロードが必要ですので、【パソコン】で使用しましょう。

スマートフォンでもアップロードは可能ですが、取引所から取引履歴ファイルがダウンロードができません。

まずはパソコンでCryptact(クリプタクト)にアクセスしましょう。

[1]Cryptact(クリプタクト)にログインします
左上にある【tax@cryptact】をクリックするとログイン画面が表示されます。
登録していない人は登録から始めましょう。
Cryptact(クリプタクト)の使い方1

[2]【tax@cryptact】をクリックします
ログインしたらホーム画面が表示されます。
再度【tax@cryptact】をクリックして進みましょう。
Cryptact(クリプタクト)の使い方2

[3]取引履歴ファイルをアップロードします
取引履歴ファイルをtax@cryptactにアップロードします。

アップロードは画面中央の【ファイルをアップロード】、画面上部の【アップロード】どちらでも可能です。

各取引所の取引履歴ファイルの入手方法はヘルプで確認しましょう。

なんとなくでもダウンロードできますが、結構間違えやすいので毎回確認してダウンロードすることをオススメします。

Cryptact(クリプタクト)の使い方3

[4]取引所の種類を選択します
アップロードするファイルの取引所を選択します。

今回は「コインチェックでコインを買った履歴」をアップロードします。

取引所ごとに「購入のみの取引履歴ファイル」「購入と売却が一緒の取引履歴ファイル」と違います。
Cryptact(クリプタクト)の使い方4

[5]アップロードするファイルを選択して、右下の【アップロード】をクリックします
ファイルは赤枠部分をクリック、もしくはドラッグ&ドロップでアップロードできます。

下で【タイムゾーン】を選択できますが、基本的に変更する必要はないのでスルーします。

Cryptact(クリプタクト)の使い方5

[6]【閉じる】でアップロードファイルの選択画面を閉じます
取引履歴ファイルのアップロードが完了すると、項目が緑色になります。
Cryptact(クリプタクト)の使い方6

[7]他の取引所との損益計算を行うために、再度【アップロード】をクリックします。
コインチェックの購入履歴をアップロードすると、このような画面が表示されます。

売却もアップロードすれば、各項目の右側と上部に利益(損失)が表示されます。

しかし今回は、あえて他の取引所のファイルをアップロードします。

【コインチェックでイーサリアムを購入してBinanceに送金し、含み益がある状態のイーサリアムでアルトコインを購入したとき】のパターンの損益計算です。
Cryptact(クリプタクト)の使い方7

[8]先ほどと同様にアップロードする取引所の種類を選択します
Binanceの取引履歴をアップロードします。

Binanceは1回に3ヶ月単位の取引履歴しかダウンロードできませんので、後で1つのファイルにまとめる必要があります。

ヘルプに記載されていますので、確認しながらダウンロードしましょう。
Cryptact(クリプタクト)の使い方8

[9]取引履歴ファイルをアップロードします

同様にクリックして選択、もしくはドラッグ&ドロップでファイルをアップロードします。
Cryptact(クリプタクト)の使い方9

[10]左端にある【コイン別】をクリックします
Binanceの取引履歴をアップロードすると、いくら利益が出たのかが画面上部に表示されます。
この画面のままだと少しわかりにくいので、コイン別で確認します。
Cryptact(クリプタクト)の使い方10

[11]コイン別の利益を確認します
コイン別に切り替えるとイーサリアムの購入時と使用時の差額、つまり利益額が表示されました。

「イーサリアムをバラバラの時期に5回購入、Binanceに送金して2種類のアルトコインを購入、さて利益はいくらですか?」という計算結果です。

Cryptact(クリプタクト)の使い方11

さる吉
これってファイルの読み込みに時間かからないの?
先生
読み込みに時間はかかりません。ログインしてアップロードするまでに1分もかかりませんよ。時間がかかるとすれば取引履歴ファイルをダウンロードすることだけですね、ヘルプを見ながら進めるのが一番時間がかかりません。

について書かれた記事

アプリに関する最新記事