Coinboard(コインボード)とコインチェックをAPI連携する方法

最終更新日 : アプリ   774 Views
さる吉
せんせ~!Coinboard(コインボード)を使ってみたいんだけどAPIがわからない!教えて~!
先生
では一緒に流れを確認していきましょう。APIの設定は5分ほどで終わります。

Coinboard(コインボード)とコインチェックをAPI連携する流れ

Coinboard(コインボード)にコインチェックの情報を反映するには【API連携】を行う必要があります。
大まかな流れは下記の通りです。

  1. コインチェックにログイン
  2. 取得するAPI情報を選択
  3. APIキーをコピー
  4. コインボードにログイン
  5. コピーしたAPIキーを貼り付け

基本的にはコピペするだけですので、流れさえわかれば誰でも簡単にできます。所要時間は【5分ほど】です。
問題になるのは「どこでAPI情報を見られるのか」「どのAPI情報を選択するのか」くらいですね。

難しい作業ではないので順番に流れを確認していきましょう。

コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順

コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順を紹介します。

[1]コインチェックにログインし、【設定】をクリックします。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順1

[2]【APIキー】をクリックします
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順2

[3]【新たにAPIキーを追加する】をクリックします。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順3

[4]APIで取得する情報を選択します。
APIで取得する情報は【取引履歴】【残高】【送金履歴】【受取履歴】の4つです。
色々項目がありますが、この4つ以外にチェックを入れる必要はありません。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順4

[5]パスワードを入力して【OK】をクリックします。
4つにチェックを入れたら、パスワードを入力します。
コインチェックにログインするときに入力するパスワードです。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順5

[6]【シークレットキーを表示する】をクリックします。
新たにAPIキーが追加されましたので、【アクセスキー】と【シークレットキー】が表示されます。
シークレットキーは隠されていますので、【シークレットキーを表示する】をクリックして表示させます。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順6

[7]【アクセスキー】と【シークレットアクセスキー】をコピーします。
アクセスキーとシークレットアクセスキーをCoinboard(コインボード)に設定したら完了です。
メモ帳に貼り付けておくとラクです。
コインチェックからAPI連携に必要な情報を取得する手順7
これでコインチェック側での設定は終わりです。

Coinboard(コインボード)にAPI情報を設定する手順

Coinboard(コインボード)にコインチェックのAPI情報を設定します。
まずはCoinboard(コインボード)にログインしましょう。

[1]【API連携を開始する】をクリックします。
Coinboard(コインボード)にログインすると、ホーム画面に使い方が表示されます。
【API連携を開始する】をクリックしてAPI情報を追加しましょう。
Coinboard(コインボード)にコインチェックのAPI情報を設定する手順1

[2]取引所を選択し、【APIキー】と【APIシークレット】を入力します。
先ほどコインチェックでコピーした【アクセスキー】と【シークレットアクセスキー】を貼り付けます。
APIキーにアクセスキー、APIシークレットにシークレットアクセスキーです。
Coinboard(コインボード)にコインチェックのAPI情報を設定する手順2

[3]入力が終わったら下の【API情報を保存】をクリックします。
API情報を保存したら、コインチェックのAPI情報の追加は完了です。
Coinboard(コインボード)にコインチェックのAPI情報を設定する手順3

Coinboard(コインボード)にコインチェックのAPI情報を追加したら、あとは自動で更新してくれます。

について書かれた記事

アプリに関する最新記事