Blockfolio(ブロックフォリオ)の使い方やメリット・デメリット【仮想通貨一括管理アプリ】

投稿日:
アプリ   673 Views
さる吉
Blockfolio(ブロックフォリオ)が管理に便利って聞いたけど本当ウキ?
先生
海外取引所を中心に使用している人向きのアプリですよ。日本円に換算した価格が表示できるだけでなく、損益額を自動で計算してくれるのでオススメです。

Blockfolio(ブロックフォリオ)とは?

Blockfolio(ブロックフォリオ)は保有している仮想通貨を一括で管理できるアプリです。
iOS、Androidどちらでも配信されています。

多くの海外取引所に対応しており、日本円に換算した価格表示も可能です。

市場価格-購入価格を自動で計算して損益額を表示することもできます。
海外取引所を中心に使用している人にオススメのアプリです。

iPadでインストールするときはAppStoreで【フィルタ→サポート→iPhoneのみ】と切り替えないと表示されないので注意してください。

先生
海外取引所はBlockfolio、国内取引所はCryptofolioのように併用している人が多いですね。

Blockfolio(ブロックフォリオ)を使うメリット

円換算して表示してくれる

Blockfolio(ブロックフォリオ)は日本円に換算して表示してくれます。

海外取引所では日本円での取引ができず、結局何円相当の仮想通貨を所有しているのかわかりにくいですよね。
特に何度も取引をしていて、正確な額を把握している人は少数だと思います。

Blockfolio(ブロックフォリオ)は日本円に換算した額を表示してくれるので、瞬時に資産を把握することができます。
もちろん資産総額も日本円表示可能ですので、資産管理にピッタリです。

多くの海外の取引所に対応している

Blockfolio(ブロックフォリオ)は多くの海外取引所に対応しています。
仮想通貨資産を管理するアプリではCryptofolio(クリプトフォリオ)が日本語に対応していて有名ですが、対応している海外取引所は少なめです。

  • BTCMarkets
  • Quoine
  • FOXBIT
  • QuadrigaCX
  • Btc38
  • Bter
  • OKCoin
  • Bleutrade
  • Bitfinex
  • Bitstamp
  • Cex.io
  • Coinbase
  • Gatecoin
  • HitBTC
  • Livecoin
  • KuCoin

などなど、他にも名前を聞いたことがないような海外取引所にも対応しています。

購入額と利益額を簡単に確認できる

Blockfolio(ブロックフォリオ)は登録した取引記録から、【市場価格-取得価格】を計算して表示します。
もちろん利益額は日本円での表示が可能です。

1つ1つの取引から取得価格と保有数を調べて利益額を計算するのは大変ですが、Blockfolio(ブロックフォリオ)を使えば自動で計算してくれます。

海外取引所は円での取引ができませんし、利益額がわかりにくいものです。
複数の仮想通貨を保有していればなおさらです。

チャンスを逃さないためにも、頑張って取引記録を登録しましょう。

Blockfolio(ブロックフォリオ)を使うデメリット

1つ1つ取引履歴を登録しないといけない

Blockfolio(ブロックフォリオ)は取引所のデータを自動で取得できません。
ですので1つ1つ、取引記録を登録する必要があります。

取引数が多い人ほど手間がかかりますね。

しかし毎回複数の取引所を調べて計算する手間と比べれば大したことはありません。
簡単に資産管理できるので、面倒でも頑張りましょう

ネットに繋がっていないと使えない

Blockfolio(ブロックフォリオ)はスマホ上ではなく、サーバーにデータが保存されます。
ですのでネットに繋がっていないと使うことができません。

サーバーの不具合でデータが取得できないこともあります。
電波を受信しやすい場所で使いましょう。

日本語表示にできない

Blockfolio(ブロックフォリオ)は日本語に対応していません。
日本円表示はできるものの、慣れるまでは使いにくいかもしれませんね。

英語と言っても簡単な単語ばかりですので、それほど困ることは無いでしょう。

しかし最初は使い方がわからなくて困る人もいると思います。
ですのでこれからBlockfolio(ブロックフォリオ)の使い方を説明します。

Blockfolio(ブロックフォリオ)の使い方

先生
Blockfolio(ブロックフォリオ)は全て英語表記ですので戸惑う人も多いでしょう。まずは基本的な画面の見方から確認していきます。

画面の見方

いきなり全ての項目を説明するとわかりにくいので、2回に分けて画面の見方を説明します。
まずは画面上部の項目からです。
Blockfolio(ブロックフォリオ)のホーム画面1

  1. 資産総額
  2. 前日比
  3. 資産チャート
  4. 仮想通貨ニュース
  5. 仮想通貨の追加
  6. メニュー

よく使用するのは5番の【仮想通貨の追加】ですね。
取引記録の追加もここで行います。

次に各仮想通貨の項目について説明します。
Blockfolio(ブロックフォリオ)のホーム画面2

  1. 仮想通貨名
  2. 保有している仮想通貨の市場価値
  3. 保有数
  4. 1枚あたりの市場価値
  5. 前日比
  6. アラート

先ほどの【仮想通貨の追加】でどんどん追加されていきます。
これらの項目はきちんと覚えなくても1~2つ取引履歴を登録すれば雰囲気でわかります。

ときどき数字のところに【K】【MM】と表示されます。
Kは1000、MMは100万を表します。

例えば123.45Kであれば、123.45 × 1000 = 123,450と計算すれば価格がわかります。

取引記録の登録方法

[1]画面上部の【+】をタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)への取引記録の登録1

[2]検索バーに、仮想通貨の名前を入力します
正式名称、通貨単位どちらでもOKです。
Blockfolio(ブロックフォリオ)への取引記録の登録2

[3]取引記録を入力して、右上の【SAVE】をタップします
Select Exchange(取引所)
Trade Price(レート)
Enter Quantity(購入数)
を入力してSAVE(保存)をタップして完了です。
Blockfolio(ブロックフォリオ)への取引記録の登録3

先生
「Deduct from 〇〇 Holdings」にチェックを入れると、購入に使用した仮想通貨を自動で引いてくれます。例えばイーサリアムを0.1ETH使用して購入したなら、保有しているETHから0.1差し引いてくれます。この機能は任意ですので、自分が管理しやすい方を選びましょう。
さる吉
【WATCH ONLY】をタップしたら市場価格やチャートをチェックできるようになったウキ!

仮想通貨ごとの損益確認方法

[1]損益状況を確認したい仮想通貨をタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)の仮想通貨ごとの損益確認方法1

[2]【Holdings】をタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)の仮想通貨ごとの損益確認方法2

[3]画面右上に表示される【Profit / Loss】が損益です
保有数や購入価格、市場価値から損益額が計算されて表示されます。
Blockfolio(ブロックフォリオ)の仮想通貨ごとの損益確認方法3

日本円表示にする方法

先生
日本語化はできませんが、設定を変更すれば日本円での表示は可能です。

[1]画面右上の点のアイコンをタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法1

[2]【Settings】をタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法2

[3]【Currency Settings】をタップします
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法3

[4]通貨の単位をタップして選択します
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法4

[5]【JPY】をタップします
Aから順番に並んでいますので、Jまでスクロールしましょう。
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法5

[6]画面右上の【Done】をタップします
Doneをタップするとホーム画面に戻ります。
Blockfolio(ブロックフォリオ)を日本円表示にする方法6

について書かれた記事

関連記事はありません

アプリに関する最新記事