【シールド】SHIELD(XSH)を最も安く買える取引所は?【安く買う方法】

最終更新日 : アルトコイン   749 Views
さる吉
話題の草コインSHIELD(シールド)を買おうと思うんだけど、ビットコインをどこに送金したら良いウキ?
先生
StocksExchangeやCoinMarketsで購入できます。しかしビットコインを使ってSHIELD(シールド)を買うと高くつきますよ。

SHIELD(シールド)を安く買うには?

現在SHIELDを取り扱っている取引所は、下記の通りです。

  1. StocksExchange
  2. CoinMarkets
  3. Tradesatoshi

この中でSHIELDの取引量が圧倒的に多いのが、【Stocks.Exchange】です。

他の2つの取引所は、取引量が少なく、またセキュリティ的にも不安があります。
ですのでここは迷わずStocks.Exchangeを使いましょう。

StocksExchangeでは、下記の3つの通貨でSHIELDを購入できます。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ライトコイン(LTC)

2017年12月現在、ビットコインの送金づまりが発生しています。
さらにビットコインの価値の高騰から、送金手数料が非常に高くなっています。

ですのでSHIELDを安く買うためには、イーサリアムかライトコインで購入しましょう。

先生
ビットコインをスムーズに送金するための手数料は、3000円ほどにまで上がっています。
さる吉
ちなみにライトコインだと30円ほどウキ

イーサリアムとライトコインでは、ライトコインのほうが送金手数料が安いのですが、取引量がイーサリアムのほうが多くなっています。
(イーサリアムの送金手数料は800円ほどです。)

ですので日本円に換算したときに、イーサリアムのほうが安く購入できる可能性があります。

Stocks.Exchangeの今のXSH売り値を日本円に換算し、、安い方を送金すれば良いでしょう。

先生
【売値×ETH日本円単価】【売値×LTC日本円単価】で、どちらが安いか求められます。

2017年12月31日現在
ETH建てXSHの価格は0.00014495ETH
1ETHの価格は86,072円ですので
ETH建て1XSHの価格は【12.476円】となります。

LTC建てXSHの価格は0.00045977
1LTCの価格は26,014円ですので
LTC建て1XSHの価格は【11.960円】

すなわちLTC建てのほうが安いということになります。

送金手数料もLTCのほうが安いので、【ライトコイン】で買うのがベストと言えます。

SHIELD(XSH)(シールド)を最も安く買える取引所・通貨

と言うことで、SHIELD(XSH)を最も安く買える取引所は
【Stocks.Exchange】
最も安く買える通貨は、
今のところ【ライトコイン】と言うことになります。

ちなみにライトコインを安く手に入れられるのは、日本の取引所では【ビットトレード】です。

ビットトレードは手数料0.25%の国内取引所です。
ビットトレード
ビットトレードの口座開設手順はこちら

StocksExchangeでライトコイン建てSHIELD(シールド)を購入する方法

それではライトコインを使って、SHIELDを購入する方法を手順を追って紹介します。

今回は【コインチェックからStocks.Exchange】にライトコインを送金し、購入する手順を紹介します。

先生
ちなみにライトコインはコインチェックよりも、ビットトレードのほうが安く手に入ります。手数料が10分の1ほどですからね!
さる吉
それじゃあなんでコインチェックの方法を紹介するの?
先生
多くの人はコインチェックの口座を持っていますが、ビットトレードの口座を持っていないからです。

Stocks.ExchangeのLTCウォレットアドレスをコピーする

それでは、まずは【Stocks.Exchange】にログインして、ライトコインのウォレットアドレスを確認しましょう。

[1]マイページの左にある【Manage】を押します。

[2]BALANCEを押します

先生
ちなみにbalanceとは、残金と言う意味になります

[3]LTCを探し【DEPOSIT】を押す

たくさん表示される通貨の中から、LTCを見つけます。

先生
Windowsパソコンの方は【Ctrl+Fキー】でページ内検索ができるので【LTC】と検索をすればすぐに見つけられます。

違う通貨の【DEPOSIT】を押すと、違う通貨のアドレスが表示されます。
そのアドレスにLTCを送ってしまうと、最悪の場合LTCが紛失するので注意しましょう。

[4]LTCのウォレットアドレスをコピーする

ウォレットアドレスが表示されるので、右にある【■】みたいなボタンを押して、コピーします。

アドレスはランダムな文字列ですので、手書きしたり頭で覚えてはいけません。
間違えるとLTCを紛失する恐れがあります。

これで送信先になる、Stocks.ExchangeのLTCウォレットアドレスがコピーできました。

次はコインチェックへ飛んで、ライトコイン(LTC)を送金します。
Stocks.Exchangeの画面は閉じないで、おいておきましょう。

コインチェックからLTCを送金する

[1]【ウォレット】を押す

[2]【コインを送る】を押す

[3]【Litecoinを送る】を押す

必ず【Litecoinを送る】を押しましょう。
最初はビットコインに当たっているので、押さずに送ると、ビットコインの送金になってしまいます。

先生
ライトコインのウォレットアドレスにビットコインを送ると、最悪の場合ライトコインが紛失します。

[4]【送金先リストの編集】を押します。

この作業は、Stocks.Exchangeに初めてライトコインを送るときのみに行います。

[5]【ラベル】に好きな文字を【宛先】にウォレットアドレスを記載する

【ラベル】とは、どの送金先か自分でわかるように付ける名前です。
ですので、取引所名の【Stocks.Exchange】で良いですね。

【宛先】には、先程コピーした、Stocks.ExchangeのLTCウォレットアドレスを貼り付けます。

必ず【貼り付け】てください。
手入力は間違いの原因となります。

ラベルと宛先を記載したら、【追加】を押しましょう。

[6]【金額】を入力して【送金する】を押します。

ここで言う金額の単価は【LTC】となります。

先生
10,000円分のLTCを送ろうとして、10,000と入力すると、10,000LTCとなり、とんでもない金額となります。

Stocks.ExchangeでLTC建てXSHを購入する

コインチェックからStocks.Exchangeにライトコインを送金した場合、早くて30分ほどで送金が完了します。
しかし中には数時間かかる場合もあるので、慌てずに待ちましょう。

[1]【Manage】→【Balance】を押し、【LTC】を探す

【AVAILABLE BALANCE(利用可能残高)】に数字が表示されていれば、LTCが届いており、利用可能になっています。

[2]上メニューにある【EXCHANGE】を押し、右にある【LTC】を押す

【LTC】を押すと、LTC建てで購入できる仮想通貨が表示されます。

[3]【XSH】を押す

先生
2017年12月現在、LTC建てで購入できるのはXSHを含めて、2種類だけとなっています。

[4]

【AMOUNT】に購入するXSHの数を
【AT PRICE】にLTC単価を入力します。

先生
SELL ORDERSにある数字をクリックすれば、売り注文にある価格で購入することができます。

LTC建てXSHは、注文数がそこまで多くないので、安い価格で注文を出すと、いつまで経っても購入できない場合があります。

そうこうしているうちに、価格が高騰する可能性があるので、最初はSELL ORDERSにある一番安い価格で購入すると良いでしょう。

ライトコインを早く購入するならコインチェック!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
Coincheckで口座を開設する手順はコチラ

ライトコインを安く購入するならビットトレード!
ビットトレード
ビットトレードの口座開設手順はこちら

について書かれた記事

関連記事はありません

アルトコインに関する最新記事