ALQOってどんな仮想通貨?過去のチャートや将来性について

ALQOってどんな仮想通貨?過去のチャートや将来性について

投稿日:
アルトコイン   513 Views

CryptoBridgeに新しく追加されたアルトコイン【ALQO】に関する情報を記載しています。

先生
匿名化に優れた草コイン、ALQOについて詳細を記載します。

ALQOってどんな仮想通貨?

ALQOは高いセキュリティと匿名性をウリにしている、いわゆる【匿名系コイン】となります。

先生
匿名系コインとは、誰が取引したのかをわかりづらくするコインで、ダッシュやモネロなどが代表的な匿名系コインです。

ALQOはドイツで開発されている仮想通貨です。
ゆくゆくは世界中でALQOを使ったサービスを展開する予定のようですが、まずはヨーロッパを中心に拡大していくとのこと。

日本に広まるのは、まだまだ先ですね。

【Alqo Planetary System】と言うシステムに乗ったサービスを利用するのに、【ALQO】を利用します。

Alqo Planetary Systemに乗ったサービスは、すでにいくつかリリースされています。

  1. Coinfolium(ポートフォリオの表示機能)
  2. Masternodeapp(ウォレットなどの機能)
  3. ALQO Hosting Services(ホスティングサービス機能)

今後サービスは増えていくようです。
またユーザー自身がサービスを開発できるようにもなるとのこと。

ALQOのメリット

すでにサービスが稼働している

ALQOの根幹をなす、【Alqo Planetary System】では、すでにいくつかのサービスが稼働しています。

今は利用者が少ないとしても、既にサービスが稼働しているのはメリットですね。
いわゆる理想論ばかりを語る【ポエム】では無いと言えます。

ロードマップが順調に進行している

ALQOの公式サイトには、ロードマップ(計画表)が公開されており、2018年1月現在、順調に進行しているようです。

2017年に達成目標だった
Alqoホスティングサービス
仮想通貨取引所への上場
なども達成しています。

2018年の目玉としては、Alqo Planetary Systemに乗ったサービスの追加ですね。

具体的なサービス内容はわかりませんが、 
Liberioのリリースが挙げられます。

進行具合は50%と順調に進んでいるようです。

個人でもマイニングを行える

ALQOのマイニングは、CPUマイニングのみとなっています。

マイニング専用ハードウェアAsicなどの高性能なハードが無くても、マイニングが可能となっています。

先生
最近、有名な仮想通貨のマイニングは、もはや個人では参戦できないほど、難易度が高くなっています。

マイニングのやり方については、まだ英語での開設しかありませんが公式サイトにて説明がされています。

ALQOのマイニング方法

少ない単位しかマイニング出来なくても、今後価格が高騰すれば、大した額になる可能性があります。

ALQOのデメリット

時価総額が低く価格の変化が激しい

ALQOは草コインですので、価格の変化が激しくなっています。
(ALQOのデメリットではなく、いわゆる草コインのデメリットとなります)

草コインは、少数の開発者、場合によっては1人で開発されているコインがあります。
その1人の熱意が冷めると、開発が停止となるコインもあります。

ALQOの場合、既に下記の3人の方が開発に参加しているようです。
ですので開発が停止となるリスクは少ないでしょう。

  1. KAAN HAMARAT
  2. KEVIN COLLMER
  3. ENES KAYALI

ただしあくまでも草コインですので、価格の暴落がありえます。
全くの無価値(0円)となることもあるので、大金を投資するのはオススメ出来ません。

ALQOの過去のチャート・将来性

ALQOの過去チャートを見てみると、
2017年12月から、徐々に価格が上がり
2018年1月に、さらに価格が上がっています。

価格が上がった理由は、Crypto BridgeとStocks.exchangeへの上場が上げられます。

またロードマップが進行している点も評価されているかと思います。

今後は小さな取引所に上場しても価格が上がらない可能性があります。
バイナンスやクーコインレベルの取引所への上場を期待しましょう。

少額で多くのALQOを購入できるので、投機目的で少額購入するのが良いですね。

ALQOを購入できる取引所

ALQOが口入できる取引所は下記の取引所です。

  1. CryptoBridge(BTC建て)
  2. Stocks.Exchange(BTC建て)
  3. Coinsmarkets.com(BTC建て)

現在のところビットコイン(BTC)のみで、ALQOを購入できます。
注文数はどこも差異はありません。

しかしCoinmarketsはセキュリティに不安があるので、
Crypto BridgeかStocks.exchangeをオススメします。

ALQOは匿名系コインですので、日本の取引所への上場は、現状見込めないでしょう。

について書かれた記事

関連記事はありません

アルトコインに関する最新記事