仮想通貨(ビットコイン)ってなに?初心者でも稼げる?そんな疑問を解決します

仮想通貨(ビットコイン)って何?投資初心者でも稼げるの?

さる吉
先生、仮想通貨ってなんなの?
先生
仮想通貨を簡単に言うと【国が管理していない通貨】だよ。旧来の通貨とは違う点がいくつもあるんだよ。

仮想通貨とは【通貨】の一種です。
以前まで日本は、仮想通貨を通貨と認めていませんでしたが、2017年4月に【仮想通貨法】が施行されたことで、通貨として認められました。

仮想通貨と円は何が違うの?

仮想通貨と円の違いはいくつもあります。

円(法定通貨) 仮想通貨
現物 存在する 存在しない
管理者 銀行 P2P
処理の手間 ある 無い
発行量 限度無し 限度あり

まず最大の違いとして、円は現物がありますが、仮想通貨には現物はありません。
あくまでも、「データ」上の存在となります。

ただし仮想通貨を紙にすることは可能です。紙を紛失すると仮想通貨も紛失したことになります。

そして次の違いとして、円には日本国という管理者がいますが、仮想通貨に管理者はいません。
(ただし管理者が実質存在する仮想通貨もあります)

例えば仮想通貨として最も有名なビットコイン。
ビットコインはP2P(Peer to Peer)と言う方法で、仮想通貨の動きを監視しています。

P2Pは円で言う【日本国のような管理者】が管理するのではなく、【ユーザー間同士】で管理をする方法を言います。

さる吉
ユーザー間同士で監視すると言うことは、仮想通貨について詳しくないと出来ないんじゃないの?
先生
ユーザー間同士で監視をすると言っても、【複雑な計算を解くだけ】で良いんです。計算は当然人ではなくコンピューターに任せているので、人が特にやることはありません。

ビットコインの詳細は、こちらの記事に書いています。

ビットコインには銀行のような管理人が存在しないため手数料が安く、海外にビットコインを送信する際にも安い手数料で送信が出来ます。

さる吉
でもユーザー同士で監視するなんて、不正やハッキングし放題じゃないの?
先生
銀行のような管理人がいない通貨は、常に不正との戦いでした。しかしビットコインは、【ブロックチェーン】と言う技術で、不正を受けるリスクを軽減することに成功しました。

ブロックチェーンとは、取引情報を鎖のように繋げていく技術です

さる吉
取引情報を鎖のように繋げていくってどういうこと??
先生
取引情報を保存する際に、1つ前の取引情報も一部保存します。コレを繰り返すと、取引情報が鎖のように繋がるのです。

ブロックを鎖状に繋いでいくことから、【ブロックチェーン】と呼ばれています。

-ブロックチェーンのイメージ図-
ブロックチェーンのイメージ図

ハッキングし1つのブロックの情報を書き換えても、後ろのブロックとの整合性が取れません。
さらに後ろのブロックをハッキングしても、もう1つ後ろのブロックと整合性が取れません。

このブロックチェーンのおかげで、管理者がいなくても不正を受けるリスクが軽減したのです。

初心者の仮想通貨投資の始め方

さる吉
早速仮想通貨を始めようと思うんだけど、どうしたらいいの?
先生
仮想通貨を始めるには、仮想通貨取引所での【口座開設】が必要です。そのあとに取引をする仮想通貨を決めましょう。

仮想通貨取引所を決める

ビットコインなどの仮想通貨は、【仮想通貨取引所(cryptocurrency exchange)】で購入できます。

仮想通貨取引所は1つではありません。
日本だけでも10以上の仮想通貨取引所がありますし、海外の仮想通貨取引所も含めると100では済まないでしょう。

それぞれの仮想通貨取引所によって、取扱コイン・セキュリティ・取引システム・・手数料などに違いがあります。

先生
仮想通貨の投資が初めてという方は、まずは【日本の仮想通貨取引所】を選びましょう。

代表的な、日本の仮想通貨取引所を紹介します。

仮想通貨取引所1:ビットフライヤー

ビットフライヤー
まずはビットフライヤー(bitflyer)です。
ビットコイン取引量日本一を誇る通り、日本で一番認知されている仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーは他の仮想通貨取引所よりも、セキュリティが強固と言われています。

ビットコインではログインパスワードの他に、確認コードによる認証も加えた、2段階認証を採用しています。
不正ログインが相次ぐ仮想通貨ですので、セキュリティが強固に越したことはないでしょう。

またビットフライヤー自身が、ビットコイン保管中のリスクに対する【保険】に加入しています。
ビットコインが正常に送受信出来なかったり、不正な出金があった場合に保険から補償されます。

ビットフライヤーに関しては、下記の記事で詳細を記載しています。

ビットフライヤーで口座を開設する手順はコチラ

仮想通貨取引所2:Zaif

zaif
続いてZaif(ザイフ)と言う仮想通貨取引所です。

Zaifのメリットは、手数料が【マイナス0.01%】と言うところ。
取引手数料0%の仮想通貨取扱所が横並びの中、Zaifはなんと逆に手数料がもらえると言うことになります。

さる吉
手数料がマイナスってどういうこと?取引をするとお金をもらえるの?
先生
その通りです。Zaifでは一部の仮想通貨を現物取引(自分で持っている金額分の売買)すると、手数料が【もらえる】んです。

Zaif手数料がもらえるのは、【ごく一部の取引】です。

ただしZaifは他の取引の手数料も安く、多くの仮想通貨取引で【0%~0.3%】となっています。
手数料が安いのがZaifの魅力ですね。

また【コイン積立】と言う積立サービスがあります。
これは毎月決まった金額のコインを自動で買い続けてくれるサービスです。

該当仮想通貨の価値が右肩で上がれば、何も考えずに利益が出せるため、仮想通貨初心者にオススメの投資方法です。

Zaifに関しては、下記の記事で詳細を記載しています。

Zaifで口座開設する手順はコチラ

仮想通貨取引所3:コインチェック

コインチェック
続いて、コインチェック(Coincheck)と言う仮想通貨取引所を紹介します。

コインチェックはサイトを見ると分かるのですが、非常にシンプルなサイト構成となっています。
アプリも非常にシンプルで、初心者の方でもすぐに使い始めることが可能です。

見た目はシンプルですが、出来ることは色々あります。
特に取扱い仮想通貨銘柄が豊富で、イーサリアム・リップルは当然取引できます。

2017年10月の段階で、【13種類の仮想通貨】を取引することが出来ます。
リスクやFactomなど、海外で人気のアルトコイン(意味は後述しています)があるので、慣れてきたらぜひ使いたいですね。

コインチェックに関しては、下記の記事で詳細を記載しています。

コインチェックで口座開設する手順はコチラ

仮想通貨取引所4:その他の仮想通貨取引所

今回紹介した仮想通貨取引所以外にも、多くの取引所があります。

しかしマイナーな仮想通貨取引所を選ぶメリットは、あまりありません。
なぜなら、仮想通貨取引所は倒産・破綻するリスクがあるからです。

ビットコインの取引所であったマウントゴックス社が、2014年2月に取引停止
リップルの取引所であったリップルトレードジャパンの代表が、2017年10月に詐欺容疑で逮捕
などが実際に起こりました。

先生
仮想通貨は安全なモノですが、仮想通貨取引所が安全か否かは、各取引所の対応に寄ります。

リスクを考えると、有名でセキュリティがしっかりしている、大手の仮想通貨取引所を選んだほうが良いでしょう。

さる吉
GMOコインってのも聞いたんだけど、GMOコインは紹介しないの?
先生
GMOコインは厳密には仮想通貨取引所ではないんですよ、仮想通貨販売所と言う枠になるんです。

あくまでもGMOコインから仮想通貨を購入する、すなわちGMOコインが手持ちの仮想通貨を販売するという仕組みとなっています。
GMOコインのような仮想通貨販売所と、仮想通貨取引所は似ているものと考えましょう。

初心者におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所を選ぶ際は、取引量が多い仮想通貨取引所を選びましょう。
取引量が多いということは、それだけ信頼されているということになります。

このページで紹介した

  1. ビットフライヤー(bitflyer)
  2. Zaif
  3. コインチェック

はどれも、取引量が多く信頼できる仮想通貨取引所です。

仮想通貨の種類によって手数料が違うので、色々な種類を購入したい場合は【複数の取引所】を使いましょう。

初心者にオススメの仮想通貨取引所をまとめました

仮想通貨の種類を決める

仮想通貨取引所の口座を開設したら、次は購入する仮想通貨の種類(銘柄)を決めます。

それぞれの仮想通貨は価格差があるのは当然、特徴もそれぞれ違います。

仮想通貨1:ビットコイン(Bitcoin)

ビットコイン
まずは仮想通貨のさきがけであるビットコインです。
ビットコインの通貨単位は【BTC】と表記されます。

ビットコインはサトシナカモトと言う匿名の人物によって発表され、有志によって実際に使える仮想通貨として生まれました。

ビットコインの特徴は【P2P】(ユーザー間同士のやり取り)で送信が可能なため、低コストで取引ができる点です。
さらに取引には、【ブロックチェーン】と言う強固な仕組みが使われているため、ハッキングに会う可能性はほぼ無いと言われています。

ビットコインは凄いと言いますが、ビットコインの何が凄いかと言うと
【ブロックチェーン】を【P2Pで監視する】と言う方法を確立したのが凄いのです。

ただしビットコインよりも後に生まれた仮想通貨は、その大半がビットコインの機能もあるため
P2Pもブロックチェーンも、今やビットコインだけのものではありません。

さる吉
それじゃあ、ビットコインのメリットって無いの?

ビットコイン最大のメリット、それは「買う人の多さ」と「ボラリティ(価格変動幅)」の少なさでしょう。

ビットコインのメリット・デメリットの詳細は、下記の記事で紹介します。

仮想通貨2:アルトコイン

次は、アルトコイン(Altcoin)です。

さる吉
Altcoinだと、読み方はオルトコインじゃないの?
先生
Altcoinはalternative coin(オルタナティブcoin)の略だから、オルトコインとも読めるね。でも多くの人はアルトcoinと読んでるようですよ。

しかしアルトコインという、仮想通貨の銘柄は存在しません。
アルトコインとは、【ビットコイン以外の仮想通貨】を意味します。

アルトコイン1:イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム
2017年10月現在、アルトコインの中で最も取引量が多いのが、イーサリアムです。
イーサリアムの通貨単位は【ETH】と表記されます。

イーサリアムの特徴は【スマートコントラクト】が記述可能と言うこと。
スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に【約束事・契約内容】を記述できる技術です。

先生
1回目の購入は5,000円、2回目以降の購入は2,500円と言う販売方法を取るには、管理者が目視するか特別な設備が必要でしたが、イーサリアムを使えば、簡単に実現出来ます。

イーサリアムが広まることで、複雑な契約内容でも、簡単に契約履行が出来るようになります。

技術が高いアルトコインですので、今後も価格が上がることが期待されています。

イーサリアムのメリット・デメリットの詳細は下記の記事へ。

アルトコイン2:リップル

リップル
続いてはリップルです。
リップルは2017年10月現在、2番目に取引量の多いアルトコインになります。

リップルの通貨単位は【XRP】と表記します。

リップルは、国際決済に優れたアルトコインです。
(正しくはリップルで使われるXRPがアルトコインです)

送金スピードが非常に早く、送金処理に10分かかるビットコインに対し、リップルはわずか10秒です。

今まで銀行を経由して何日もかかっていた国際決済が、リップルなら数秒で
10%以上の手数料が取られていた国際決済が、リップルなら数円で
出来るようになるのです。

リップルは仮想通貨の一種ですが、実質銀行のような管理者が存在します。

リップルのブロックチェーンもP2Pで監視しています。
P2Pで監視していると言えども、監視している人の大半はリップルラボ株式会社が管理しています。

ようは、円などの既存の通貨寄りの「管理者が存在する通貨」なのです。
しかしリップルが安定して稼働しだすと徐々に、リップルラボ株式会社の手から離れていくと言われています。

リップルのメリット・デメリットの詳細は下記の記事へ。

アルトコイン3:その他のアルトコイン

このページでは代表的なアルトコインを紹介しました。
これらのアルトコインはアルトコインの中のごく一部であり、他にも無数に存在します。

それぞれが特徴をもっており、その特徴を理解することが、価格の上下を予想する重要な要素となります。
価格だけに目を奪われるのではなく、特徴を理解することから始めましょう。

イーサリアム・リップル以外のアルトコインについては下記の記事をご覧ください。

ライトコインについて

ネムについて

ビットコインキャッシュについて

モナコインについて

初心者におすすめの仮想通貨

さる吉
っで、結局のところ初心者にオススメの仮想通貨はなに?
先生
初心者にオススメの仮想通貨は、ビットコインとイーサリアムです。理由は流通量が多いからです。
さる吉
流通量が多いと、なんでオススメなの?
先生
ボラリティ(価格の変動幅)が少なく、無価値になることが想像しづらいからです。
ビットコインは仮想通貨の中で最も多く取引されており、
イーサリアムはアルトコインの中で1番取引量が多い仮想通貨です。

みんなが持っているということは、すでにそれだけ信頼が寄せられているということ。
信頼が全くない投機的な仮想通貨よりも、価格が安定しています。

さる吉
聞いたことが無いアルトコインには手を出さない方が良い?とても安く買えて、将来値上がりしそうなんだけど…。
先生
無名のアルトコインには初心者は手を出さない方が良いでしょう。特に技術ではなく【儲かること】がメリットとされているアルトコインには注意して下さい。

ビットコインもイーサリアムもリップルも、価値が右肩上がりの仮想通貨ですが、それはラッキーでそうなったわけではありません。

ビットコインは【ブロックチェーンで取引を繋ぎP2Pで監視すると言う仕組み】が
イーサリアムは【スマートコントラクト】が、リップルは【国際決済の利便性】が評価され、価値が上がったわけです。

むしろ投機的な目的は、後から付いてきたと考えるべきでしょう。

仮想通貨初心者で儲けたいと言う方は、取引量が多い仮想通貨を選んで、長期保有する方法をオススメします。

将来性のあるアルトコインについては、こちらの記事で記載しています。

仮想通貨で稼ぐ方法は?

さる吉
仮想通貨で稼ぐには、仮想通貨を取引するしかないの?
先生
いいえ、仮想通貨で稼ぐには、取引の他にも、マイニングや仮想通貨自体を作ることで稼ぐことが出来ますよ

仮想通貨の長期保有で稼ぐ

仮想通貨で設ける方法の一つ目は、仮想通貨を長期保有して稼ぐ方法です。

仮想通貨の価値が右肩に上がっていけば、長期保有しているだけで資産が増えていくことになります。

「仮想通貨の価値が右肩に上がり続けるなんて、そんな都合のいいことあるの?」
と思う方がいるかもしれませんが、大いにあります。

仮想通貨のさきがけであるビットコインは、最初の価値は「10,000ビットコイン=ピザ2枚分」でした。

このピザは2枚で2,500円でした。
すなわち、ビットコインが出来た当初は、1ビットコイン(BTC)=0.25円の価値しかなかったのです。

それが右肩上がりに価値が上がり続け、2017年10月現在の価値は…
1ビットコイン(BTC)=651,800円です。

価値は260万倍にまで膨れ上がっています。
ですので、将来性のある仮想通貨を購入し、長期保有することで十分稼ぐことは可能です。

ビットコインを長期保有していたら、どこまで稼げたのか調べました。

仮想通貨の短期トレードで稼ぐ

仮想通貨を短期間に売買することで稼ぐことも可能です。
おそらく皆さんが想像する仮想通貨の投資は、この短期トレードかと思います。

仮想通貨は24時間365日、常に価格が変動しています。
また、変動理由は様々です。

よく言われるのが、どこかの国の通貨が不安視されると、仮想通貨の価格が上がるということです。
その国の通貨を持っている人が、仮想通貨に変えようとするからですね。

しかし仮想通貨の価格は、そんな単純な話だけで決まるわけではありません。
短期トレードで稼ぐには、世界中のニュースに敏感になる必要があります。

マイニングで稼ぐ

マイニングで稼ぐことも可能です。

さる吉
マイニング・・・ってよく聞くけど、なんなの?
先生
マイニング(mining)は直訳すると【採掘】という意味になります。
さる吉
採掘?仮想通貨は、データ上の存在なんじゃないの?
先生
そうです、仮想通貨はデータ上の存在です。金を採掘するのと状況が似ているため、マイニングと呼ばれています。具体的にはこれから説明しますね。

マイニングとは採掘と言う意味になりますが、実際に何かを掘るわけではありません。

仮想通貨の取引は個人間同士で管理することは先程書きましたね。

「その取引が正しい取引かどうか(整合性)?」を誰かが検証する必要があります。
銀行という存在があれば、銀行が検証してくれるのですが、仮想通貨には銀行のような管理者がいません。

よって誰かが検証をしないといけないのです。
そして、その検証のためには膨大な計算が必要となります。

この計算を処理してくれた人に、仮想通貨側が【お礼】を支払っているのです。

計算処理をすることをマイニング
お礼で稼ぐことを、マイニングで稼ぐ
と言っているわけです。

マイニングに関しては下記の記事で詳しく説明しています。

仮想通貨を作って稼ぐ

仮想通貨自体を作って稼ぐことも出来ます。

実は仮想通貨とは、プログラミングの知識があれば誰でも作ることが出来ます。

さる吉
それならさる吉コインを作って、誰かに売れるということ?
先生
そういうことですね。でもそのさる吉コインを買いたいと言う理由がないと、誰も買ってくれないでしょうね。

仮想通貨を作って稼ぐ方法は、プログラミングを理解している方のみとなるので、詳細は割愛します。

初心者でも仮想通貨で稼ぐことは可能!

さる吉
仮想通貨で稼ぐ方法をみたけれど、僕みたいな初心者は、長期保有が良いのかな?
先生
そうですね、仮想通貨のことを今から始める人は、仮想通貨の長期保有をおすすめします!

稼げる仮想通貨を選ぶ

長期保有はリスク少なくリターンも少ない投資方法です。
しかし場合によっては、リスクが大きくなってしまう場合もあります。

例えば
価格の変動幅が大きい仮想通貨に投資すると、一気に価格が下落してしまう可能性があります。

儲けられるから選ぶと言う考えよりも、機能が優れているから選ぶと言う考えの方が良いかもしれません。
機能が優れていると将来的に価値は高まります。

またリスクヘッジも必要です。
いくら信用が置けるビットコインやイーサリアムでも、それ一本に投資するのはハイリスクですね。

いくつかの仮想通貨に分散投資して、長期保有するのがベストではないでしょうか。

手数料の低い仮想通貨取引所を選ぶ

仮想通貨取引所によって、取引手数料はバラバラです。
また出金手数料や入金手数料もバラバラです。

先ほど紹介した仮想通貨取引所でも、下記のように取引手数料に違いがあります。

ビットフライヤー Zaif コインチェック
ビットコイン取引手数料 0.01%~0.05% -0.01%~ 0%
アルトコイン取引手数料 しばらく無料 -0.01%~0.3% 0%

当たり前ですが、手数料は安いに越したことありません。
取引の回数が増えれば増えるほど、手数料の金額が大きくなりますので。

しかし安さだけで取引所を決めてしまうと、セキュリティが弱かったり、信用面で不安視される取引所を選んでしまう可能性があります。

このサイトで紹介しているような【ある程度有名な取引所】から、手数料が安い取引所を選んだほうが良いでしょう。

取引所によっては、特定の通貨の手数料が安くなっています。
いくつかの仮想取引所で口座を開設して、通過に合わせて併用するのが良いでしょう。

仮想通貨に関するニュースを集める

仮想通貨の価格は、様々な要因で変動します。

ある国の通貨が不安視されると、仮想通貨が買われ、価格が上昇します。
国が仮想通貨に規制をかけると、仮想通貨が売られ、価格が下落します。
と一般的に言われています。

さる吉
これだけ仮想通貨が流行ってるのに、国が規制をかけるなんてありえるの?
先生
ありえますよ。最近では2017年9月に、中国がビットコインなどの仮想通貨の取引の禁止を徹底しました。

ですので仮想通貨に関するニュースは当然敏感になる必要があります。
また仮想通貨のニュースだけではなく、世界情勢のどんなニュースにも敏感になる必要がありますね。

仮想通貨投資の初心者が注意すべき点

仮想通貨の投資初心者の方が注意すべき点は、やはり【詐欺】です。

仮想通貨は儲かるという世間のイメージから、仮想通貨に関する詐欺を行う者、そして詐欺に騙される人が増えています。

下記のグラフは、消費者庁が公開した【仮想通貨に関する相談件数の推移】です。
消費者庁に寄せられた仮想通貨に関する相談

期間は2014年~2015年のデータと少々古いですが、仮想通貨が盛り上がるにつれ、消費者庁への相談が増えています。

2015年の時点で218件の相談が寄せられていますので、2017年 2018年は数倍の相談が寄せられていると考えられます。

さる吉
仮想通貨に関する詐欺って、どんな詐欺があるの?
先生
価値のない仮想通貨を高く売ったり、詐欺情報商材、詐欺マイニング投資がなどあるよ。詳しくはこれから見ていきましょう。

詐欺通貨に注意

仮想通貨は誰でも作れるということは、すでに書きました。
誰でも作れるので、仮想通貨はたくさんの種類が存在し、その数はすでに【1,000以上】と言われています。

1,000以上の通貨があるならば、そのどれもが【魅力的な仮想通貨】であるわけがありません。
他とは大した違いがない仮想通貨が多数存在するのです。

さる吉
大した違いがない仮想通貨なら、誰も買わないんじゃないの?
先生
いえいえ、そのような通貨でも、ICO(資金調達)でかなりのお金を集めることがあるのです。

仮想通貨に投資をする人は、【仮想通貨の機能性】よりも【安く買って高く売れるか】を考えます。

だから詐欺通貨を売りたがる人は「今買えば安いし、ICO(資金調達)後には高く売れる」と誘惑してくるのです。

他の仮想通貨と大した違いはなくても、儲けを考えている人は「安く買って高く売れるなら…」と買ってしまうのです。

先生
ここで1つ質問です。誰もが売りたがっている仮想通貨を、買おうと思う人はいますか?
さる吉
いないです…。
先生
そうです、その通貨の取引が始まっても、誰も買わないのです。ここで初めて、自分が詐欺通貨を買わされたことに気がつくのですね。

聞いたことが無い仮想通貨や、一般取引所に公開される前の仮想通貨を買う時は、お金に目がくらまないように注意しましょう。

詐欺情報商材・詐欺講座に注意

仮想通貨に関する、詐欺情報商材や詐欺講座にも注意しましょう。

さる吉
情報商材ってなーに?
先生
情報商材とは、インターネットで買える情報のことです。仮想通貨投資で儲かる方法などの情報商材が販売されています

情報商材は、インターネットで誰でも購入できますので、本やテレビのように【確かな情報】が載っているわけではありません。
ですので、嘘の情報や適当な情報が掲載されている情報商材もあるのです。

そのような情報商材に限って数十万円することが多いでしょう。
なぜなら、【本当は儲からないから、少数の情報弱者から騙し取るしか無い】からです。

聞いたことのないような人が書いた情報商材や
「情報商材名 評判」と検索して、悪評ばかりが書かれている情報商材は避けた方が良いでしょう。

詐欺マイニング投資に注意

マイニング投資にも詐欺案件が存在します。

実際にはマイニングを行っていないのに、投資を募っている業者がいるのです。
またマイニングを行っていたとしても、配当を支払わない業者も存在するようです。

詐欺マイニング業者を見分けるのは非常に難しいです。

なぜなら、有名どころの仮想通貨のマイニングは既に儲からないため、マイナーな仮想通貨のマイニングに投資するしかないからです。

マイナーな仮想通貨に投資をする業者と言うのは、無名の場合が多いでしょう。
今までの実績や、本当にマイニングをしているか確認をする術がないことが多いのです。

マイニング投資を行おうとする人は、ある程度仮想通貨に詳しい方かと思います。
ですので自衛をしていくしかありませんね。

逆に言うと、仮想通貨に詳しくないのにマイニング投資はするべきではないと思います。

初心者におすすめの仮想通貨の本


仮想通貨初心者の方が、「仮想通貨とは何か」を理解するのに便利な本です。


ビットコイン、それぞれのアルトコインの魅力を調べるのに役立つ本です。

猿でもわかる仮想通貨の最新記事